ホワイトボードのマジックが消えない?専用ペンで解決!お手入れ方法も

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

ホワイトボードに間違ってマジックで書いてしまったときは、上からホワイトボード専用マーカーで重ね塗りすることで消すことができます。

油性ペンで書いちゃった!

これって実は経験している方、結構多いと思うんです!

ホワイトボードは大きいサイズだと簡単に買い替えることが難しいので、間違って書いた油性マジックがキレイ消えないと困りますよね。

また、長期間使用していると専用マーカーで書いていてもインクがキレイに消えないと感じた経験はあるのではないでしょうか?

この記事では、油性マジックで書いてしまったときの対処法とホワイトボードをキレイに保つお手入れの方法を紹介しています。

マジックが消えないと困っているあなたや少しでもキレイに長持ちさせたいなら、知っておいても損ではないのでぜひ参考にしてみてくださいね♪

消えないマジックを落としたり、ひどい黒ずみ汚れには無水エタノールを薄めて使用することでキレイになります。

長期間キレイに使用したい場合は、日頃からのケアが大切ですよ。

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局
¥1,400 (2023/11/29 11:59時点 | 楽天市場調べ)
\楽天お買い物マラソン実施中!!/
楽天市場
目次

ホワイトボードのマジックが消えないときは上塗りする

間違えて油性マジックで書いてしまい消えないなら、ホワイトボード専用マーカーで上塗りすると消すことが可能です。

100均なら使い捨ても可能ですが、会社の備品やマイホームの壁の一部をホワイトボードにしている方は簡単に買い替える事はできませんよね。

私も専用マーカーと油性マッキーを横に置いていて、何度か失敗してしまっているんです。

横に置かなければいいのにと思うんですが、限られている収納場所でよく使う取りやすい所となれば…どうしても一緒になってしまうんです。

マジックの間違いに早い段階で気づくことができ、上から塗りつぶす範囲も広くないようならこの方法が簡単でおすすめですよ。

ホワイトボードマーカーで上塗りすることで消せる

油性で書いた箇所が多くないようであれば、専用マーカーを上塗りすることで消すことができます。

消し方の手順
  1. 持っているホワイトボード専用マーカーを使って上から塗りつぶす、なぞる
  2. 10~20秒を目安に待ってからイレイザー(ホワイトボード用消し)で消す

消し方の手順は、油性マジックで書いたところを上書きでなぞるか塗りつぶしてしまうだけの簡単な方法です。

この作業だけで、専用マーカーで描いたとき同様に消すことが可能です。

本当にそれだけで消えるの?と不安に思う方もいると思います。

ホワイトボード専用マーカーには「剥離剤(はくりざい)」という成分が使われています。

この性質のおかげで、間違って書いた油性マジックのインクごとイレイザー(ホワイトボード用消し)で消すことができるのです。

私も実際にやってみたのですが、落ちました!剥離剤がしっかり働いている証拠ですね♪

他に準備する手間も必要ないので、すぐに消すことができます。

しかし、何度もこの方法を繰り返すとインクのカスや汚れが専用のマーカーに付着してしまうというデメリットもあるんです。

頻繁にこの方法を使用することはおすすめではないので、なるべく間違わないように心掛けたいですね。

上から塗りつぶす作業も大変なので、記入範囲が狭い場合におすすめしたい方法です。

コーティングが劣化するので洗剤は使用しない

油性マジックが消えないからといって、洗剤やメラミンスポンジで落とそうとするのはコーティングが剥がれてしまうのでおすすめではありません。

ホワイトボードの手入れに使用してはいけないもの
  • シンナー
  • メラミンスポンジ
  • 洗剤
  • 除光液

油性マジックを消すためには、油汚れに便利な中性洗剤で落とすのが効果的のように思いますよね。

洗剤を使用することで、間違って書いた油性マジックをキレイに消すことは可能です。

しかし、ホワイトボードの表面のコーティングが傷ついてしまうので今後の使用に影響する可能性が高くなるのです。

マジックは消えても表面のコーティングが剥がれることで、次から書いたインクが消えにくくなります。

専用マーカーで書いても、キレイに消えない原因になってしまうのです。

ホワイトボードのマジックの落とし方は水拭きが基本

マジックの黒ずみの落とし方は、まめに水ぶきで表面の汚れを落とすか無水エタノールで拭き取ることです。

長期間利用していると、ホワイトボードに書いたインクがキレイに落ちなくなってきますよね。

ホワイトボードの表面に汚れが付着することが大きな原因です。

使い始めはインクの水溶性の汚れがほとんどですのでキレイにイレイザーで消すことが可能です。

しかし、長期間使用しているうちに、空気中のほこりや油分が混ざってボードに付着することで落ちにくくなります。

汚れがひどくなりインク汚れがキレイに落とせなくなったときは、ホワイトボードの表面を拭き掃除することで改善することができますよ。

黒ずみの落とし方は水ぶきか無水エタノール

ほこり汚れでが原因であれば、水ぶきでキレイに落とすことができますよ。

水滴が表面に残らないように、仕上げとして空拭きで拭き取るようにしましょう。

長期間の使用により、水ぶきだけでは取れなくなったインクの黒ずみは専用クリーナーや無水エタノールがおすすめです。

油分には中性洗剤を利用するイメージですが、コーティングのを守るためには使用厳禁です。

薄めた無水エタノールでの黒ずみの落とし方
  1. 薄めた無水エタノールを布に染み込ませる
  2. ホワイトボードを拭く
  3. 無水エタノールが乾くのを待つ

無水エタノールの濃度が濃いと、コーティングの劣化の原因になるので注意する必要があります。

インクが落ちにくくなり、黒ずみがや汚れがひどい場合には薄めた無水エタノールを使用してみてください。

専用クリーナーもおすすめですが、他のお掃除にも活用でき用途の幅が広がるので無水エタノールを購入してみてはいかがですか?

ボードの汚れ具合で、濃さを調節することもできますよね。

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局
¥1,400 (2023/11/29 11:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天お買い物マラソン実施中!!/
楽天市場

インク汚れが残る原因は日頃の使い方で改善できる

汚れが落ちにくくなるのを防ぐには、書き間違ってもすぐに消さないなど普段のホワイトボードの使用方法が大切です。

日頃から心がける使用方法
  • 週一程度を目安に水ぶきがおすすめ
  • イレイザーやマジックのこまめな交換も大切
  • 間違ってもすぐに消さないこと(10~20秒は待つ)
  • 長時間書きっぱなしにしない(理想はその日には消す)

汚れたイレイザーや古くなったマジックの使用は、インクがキレイに落ちないだけではなく表面を傷つける原因にもなります。

長期の使用でインク落ちが悪くなる原因は汚れの付着ですが、専用マーカーで書いてすぐに消す場合や1日以上放置して消すことも原因のひとつです。

「すぐに消すのはよくない」とはいっても急いでいると、間違ったところをいちいち待ってから消すのは面倒ですよね。

しかし、ホワイトボード専用マーカーの性質上10~20秒は待ってから消すことがおすすめです。

ホワイトボード専用マーカーの構成を詳しく紹介しているので、気になる方は目を通してみてください。

ホワイトボードのマジックは油性!成分に違いがある

ホワイトボード専用マーカーは消せるので水性と思いがちですが、実は油性マジックなのです。

なぜ、油性マジックなのにホワイトボードに書くと消すことができるの?

専用マーカーはツルツルとした表面にキレイに書くことができるにもかかわらず、消すことができるので不思議ですよね。

それは、ホワイトボード専用マーカーには剥離剤が含まれた油性インクだったからなのです。

何度かこの記事でも触れている「剥離剤」がインク成分に含まれていることで、ボードに書いたインクを消すことができます。

油性マジックなのに消すことができる理由は剥離剤

油性ペン代表のマジックであるマッキーと専用マーカーでは、構成されている成分が違うのです。

専用マーカーは「溶剤(アルコール)」「顔料(着色料)」「樹脂」「剥離剤」の4成分で構成されています。

STEP
マーカーを使用してすぐの状態

最初は4つの成分が混じり合っている状態です。

STEP
数十秒で溶剤が気体化する

溶剤であるアルコールが気体化することで、樹脂により顔料同士が結びつきインクの層ができます。

STEP
インクの層と剥離剤の層に分かれる

剥離剤はホワイトボードとインクの層の間に入り込み、インクを浮かせるのです

STEP
イレイザーで消える

イレイザーでこすると剥離剤の層ごと落ちるので、キレイに消える仕組みになっています。

普通の油性マジックとは違うところは、「剥離剤」が使われていることだったんです。

ボードの表面とインクとの間に透明な剥離剤の層を作り、インクが定着してしまわない働きをしています。

上から塗りつぶすことで、間違って書いてしまった油性インクを消すことができる理由も理解しやすいのではないでしょうか。

間違って書いた油性インクにこれらの成分が混ざり合い、剥離剤の層を新たに作っているからです。

専用マーカーを正しく使用して長期間キレイに

水性ペンではキレイに書くことができませんし、油性マジックでも落ちるからと書いてしまうことも表面のコーティングを傷めるのでやめましょう。

無水エタノールがあるからキレイに落ちるという理由で油性マジックの使用を繰り返すと、ボードの表面のコーティングが剥がれる原因になります。

書いてすぐ消せるからと水性ペンを使うと、専用マーカーとは違い時間が経てばインクが浸透して消えなくなる可能性があります。

水性ペンはツルツルした表面に書いても、水滴状になってキレイに書くことができませんよね。

マジックとはいっても用途に応じて含まれている成分が違うので、専用マーカーを使用してくださいね。

書き心地にこだわらないのであれば100均でも手に入れることができます。

長期でキレイに使いたいのであれば、正しい使用方法とまめなメンテナンスをしてあげることが重要ですね。

まとめ

  • 間違えて油性マジックで書いてしまい消えないなら、ホワイトボード専用マーカーで上塗りすると消すことが可能
  • 油性マジックが消えないからといって、洗剤やメラミンスポンジで落とそうとするのはコーティングが剥がれてしまう原因になる
  • マジックの黒ずみの落とし方は、まめに水ぶきで表面の汚れを落とすか薄めた無水エタノールで拭き取ること
  • 汚れが落ちにくくなるのを防ぐには、書き間違ってもすぐ消さないなど普段のホワイトボードの使用方法が大切
  • 専用マーカーは消せるので水性と思いがちだが、実は油性マジック
  • 油性ペン代表のマッキーと専用マーカーでは、構成されている成分が違う
  • 水性ペンではキレイに書くことができず、油性ペンで落ちるからと書いてしまうことも表面のコーティングを傷めるので専用マーカーを使用することが大切

間違った使い方やお手入れをしていると、表面のコーティングが傷つきキレイに消えない原因になってしうことが理解できたのではないでしょうか。

ホワイトボードの正しい使い方を知ることで、少しでもキレイに長く使うことができます。

便利なホワイトボードには、出来る限り専用ペンを使用して大切にしましょう。

ホワイトボードのお手入れには、汚れに合った濃度に調整可能な無水エタノールの使用がおすすめです。

コーティングが大事なホワイトボードを、キレイなままで少しでも長く使えるようにしたいですよね。

ビタミンハウス楽天支店ミサワ薬局
¥1,400 (2023/11/29 12:08時点 | 楽天市場調べ)
\楽天お買い物マラソン実施中!!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる