ホワイトデーのブレスレットはどんな意味?ブランドについても紹介

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

ホワイトデーにブレスレットを贈ろうと思うけど、喜んでくれるかな?

ホワイトデーに恋人や奥さんへ贈るプレゼントとして、ブレスレットを選ぼうとしているあなた。

いつでも身に着ける事ができるので、ブレスレットなどのアクセサリーって素敵ですよね。

ブレスレットをホワイトデーに贈る意味って知っていますか?

ブレスレットには「束縛」という意味があります。「あなたを私だけのものにしたい」というメッセージを伝えるとこができるのです。

ホワイトデーにブレスレットを渡すには、しっかり意味を知っていないと、相手の方に不快な気持ちをさせてしまう可能性もあります。

ホワイトデーのプレゼントにブレスレット以外のものを贈ろうと思っている人についても、それぞれ意味が異なります。

ホワイトデーのプレゼントによっては、意味が異なってくるので、意味を知って、相手が喜ぶホワイトデーにしましょう。

意味を知り、あなたの想いを相手に伝えてみませんか?

目次

ホワイトデーで贈るブレスレット意味は束縛

ホワイトデーにブレスレットを贈る意味として、「束縛」つまり「あなたを僕だけのものにしたい」という意味があります。

ブレスレットは手錠に似ていることから、このような意味になったとされています。

束縛を嫌がる人もいれば、束縛されたいという人もいますよね。

束縛と聞くと悪いイメージにも聞こえますが、あなたを僕だけのものにしたいと言う意味だと良いイメージにもなります。

もしホワイトデーにブレスレットを贈りたいと思うのであれば、相手の事をよく知り、ブレスレットを渡すことをオススメします。

ホワイトデーでのブレスレットの意味を知っている女性はあまり多くないと思うので、密かに想いを伝えるのもいいのではないでしょうか。

ホワイトデーで贈りたいブレスレットのブランド

ホワイトデーでブレスレットをプレゼントするときは、相手が気に入るものを買いたいですよね。

ホワイトデーにはティファニー、アガット、COACHなどハイブランドのブレスレットを贈るのがおすすめです。

ハイブランドというだけで、高級感と安心感や安全性がありますよね。

女性の私はブランドのものをプレゼントにもらうのはとても嬉しいです。

ホワイトデーに贈る時にオススメのハイブランドのブレスレットを紹介します。

  • ティファニー
  • アガット
  • COACH(コーチ)
  • DIOR(ディオール)
  • 4℃(ヨンドシー)
  • GUCCI(グッチ)

他にもエルメスやスワロフスキーなどのブランドもあります。

ティファニーのブレスレット

世界的にアクセサリーブランドとして知名度があり、人気です。

オープンハートやインフィニティはティファニーの代名詞というほど有名ですね。

気品のあるデザインのものが多く、細目のものから太目のものまで様々あります。

ティファニーは、女性の憧れのブランドの一つですので、ぜひプレゼントしてみましょう。

アガットのブレスレット

日本で有名なジュエリーブランドのひとつになります。

シンプルとトレンドの組み合わせたデザインが多くあります。

パールや天然石、花のチャームを使ったかわいいものもあります。

細めのチェーンタイプが多く、様々なファッションに合わせやすい点も魅力的ですよ。

COACHのブレスレット

財布やカバンなどで有名なブランドのひとつになります。

多彩な素材で作られているデザインが多いです。金属型のシンプルな素材や、エナメルやレザーを使用した素材の組み合わせがあります。

また女性らしい柔らかいイメージでシンプルなものが多いので、様々な場面で使用しやすいブランドです。

お手頃な価格なものも多いので、購入しやすいものになります。

DIOR(ディオール)のブレスレット

フランスのファッションブランドのひとつになります。

オートクチュールやバック、靴も有名で憧れている女性も多いはずです。

エレガントで個性的なものやおしゃれなもの、オフィスファッションにもなじむシンプルなもの、インパクトあるものなど様々なデザインがあります。

高級感があるエレガントさ、斬新なデザインなものが多いです。

4℃(ヨンドシー)

日本のブランドのひとつで、20-30代に人気のブランドです。

女性らしさや上品さがあり、身に着けることで仕草に気品が出る上品なデザインが多いです。

シルバーやゴールド、イエローゴールドなどの素材が使われています。

上品なファッションを好む女性におすすめなブレスレットがありますよ。

GUCCI(グッチ)のブレスレット

イタリアのブランドで、靴やかばん、財布や香水などが有名です。

シンプルなものから個性的なものまで、多種多様なデザインがあります。

細部へのこだわりが強くあり、可憐なデザインなものが人気のようです。

カバンや財布にGUCCIを使っている女性にはぜひ、ブレスレットもGUCCIにするとファッション的にも合わせやすいですよ。

彼女へホワイトデーにブレスレットを贈るときの選び方

彼女へのホワイトデーにブレスレットを贈る際、選び方のポイントってあるの?

彼女へのホワイトデーにブレスレットの選び方のポイントとして、3つあります。

  • 色は他のアクセサリーと統一させる
  • デザインは好みを知っておく
  • 好きなブランドを知っておく
  • 予算は年代に合わせて考える

彼女へのホワイトデーでのブレスレットを贈るときは上記の選び方を知っておくことで、相手の気に入ったものをプレゼントすることができます。

色は他のアクセサリーと統一させる

ブレスレットを単独として考えず、他のアクセサリーとのバランスを考えて色を統一させるといいです。

ブレスレットには、大きくシルバー系とゴールド系にわかれます。

使用している素材によっても色の見え方は異なります。

普段からブレスレットを渡したい相手がどのようなアクセサリーを身に着けているか知っておきましょう。

デザインは好みを知っておく

ブレスレットのデザインは華奢でシンプルなものから、大ぶりで派手なデザインのものなど様々です。

洋服の好みを見ると、どんなデザインのものが好きなのか見えて来ることがあります。

洋服の好みを見ながらどんなデザインのブレスレットが合うのか、あらかじめリサーチすることが、大切ですね。

好きなブランドを知っておく

好きなブランドやいつも使っているブランドがある女性は多くいます。

好きなブランドがある女性は、鞄や財布などを統一させていることが多いです。

いつもどのようなブランドを持っているのか、知っておくといいでしょう。

ブランドはデザインや色、素材を統一させていることが多いので、比較的持ち物にあったブレスレットを贈ることができますよ。

中にはブランドに疎い女性もいることでしょう。そんな女性には、いつもの洋服のデザインに合わせたブランドのブレスレットを贈ることが好ましいです。

初めて貰ったブランドということで、ブレスレットを通して、贈ったブランドを好きになってくれるかもしれませんよ。

予算は年代に合わせて考える

ホワイトデーのブレスレットを買う予算はいくらぐらいだと思いますか?

贈り物をする側と贈り物をしたい相手の年代によって、予算も変わってきます。大体の平均予算です。

  • 高校生 3,000〜15,000円
  • 大学生 5,000〜25,000円
  • 社会人 15,000円〜

ブレスレットは高いものから安いものまで様々あります。自分の財布と相談しつつ、相手が喜ぶブレスレットを買えるといいですね。

ホワイトデーにお返しする意味はブレスレット以外にも

ホワイトデーでは、ブレスレット以外のアクセサリーをお返しに贈りたいと考える方もいるでしょう。

アクセサリーの意味はそれぞれ異なり、ネックレスは「感謝」、指輪には「永遠」、ピアスには「私の存在を感じてほしい」という意味を持っています。

ホワイトデーでのお返しするアクセサリーの意味合いはそれぞれ異なります。

意味によっては、素敵でとてもうれしくなると思うものもあります。

しかし、女性によってはちょっと嫌だなと感じる意味であることもあります。

それぞれのアクセサリーの意味を紹介していきます。ぜひホワイトデーにアクセサリーをお返しに贈るときの参考にされてみてください。

ネックレスには感謝の意味

ネックレスには「感謝」「あなたは私のもの」という意味があります。

リング上であるのはブレスレットと同じため、束縛のある意味もあります。

しかし、感謝の意味もあるので、本命の相手に贈るにはピッタリのプレゼントですね。

また、奥様に日頃の感謝をネックレスに込めて贈ることも素敵だとおもいます。

指輪には永遠の意味

指輪には、「永遠」を意味します。「今後ともいてほしい」や「末永く幸せになろう」というメッセージを込めることができます

指輪には、切れ目がないため、このような意味になったとされています。

指輪には、「契約」や「約束」という意味もあり結婚や婚約にも使われますよね。

本当に大好きな相手から指輪を貰えると女性は喜ぶのではないでしょうか。

ピアスは私の存在を感じてほしいという意味

ピアスやイヤリングには、「私の存在を身近に感じてほしい」という意味があります。

ピアスやイヤリングは、いつも身につけることができるので、このような意味になったといわれています。

ピアスやイヤリングも、束縛の強いイメージもありますが、相手の事をとても愛しているということですね。

本当に大切な相手に自分の存在を感じてほしいときはぜひ贈ってみるのもいいのではないでしょうか。

まとめ

  • ホワイトデーにブレスレットを贈る意味として、「束縛」つまり「あなたを僕だけのものにしたい」という意味がある
  • 女性はブランドのものをプレゼントにもらうのはとても嬉しい
  • 人気のブレスレットのハイブランドは、ティファニー、アガット、COACH、DIOR、4℃、GUCCIなどがある
  • ホワイトデーにブレスレットを贈るポイントとしては、色は他のアクセサリーと統一させる、デザインは好みを知っておく、好きなブランドを知っておく、予算は年代に合わせて考える。
  • ホワイトデーに贈るものにはそれぞれ意味がある
  • ネックレスには感謝の意味、指輪には永遠の意味、ピアスは私の存在を感じてほしいという意味がある。

ホワイトデーのプレゼントには意味があるものですが、意味を知らない人はたくさんいると思います。

意味を知らずにプレゼントを贈るより、知ったうえで、こんな意味があるよと伝えながら渡すのもロマンチックではないでしょうか。

素敵なホワイトデーになるように、相手のことを思いながらプレゼントを探してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる