そろばんは何歳からできるか解説!おすすめの年齢やメリットも紹介

子供にそろばんを習わせようと思うんだけど何歳からできるの?未就学児に習わせるのはまだ早いかな…

子供にそろばんを何歳から始めさせようか親は悩みますよね。

個人差はありますが、そろばんは早い子だと3歳頃からできますよ。

「結構早いうちからできるんだ!」と思った方もいるのではないでしょうか。

何歳から始めてもいいのですが小さいうちから遊び感覚でそろばんをやっておくと、数字に対する苦手意識がなくなり算数が好きな子供になるかもしれませんよ。

算数が好きになれば計算も得意になり、テストの成績アップや暗算ができるようになるなど将来に役立ちそうですね。

この記事ではそろばんは何歳からできるのか、そろばんを始めるのにおすすめの年齢や習うと得られる4つのメリットをご紹介します。

そろばんを始めさせたいけど、どのそろばんを選べばいいのか悩みますよね。

こちらのそろばんは珠が弾きやすく、なめらかな滑りが特徴です。

そろばんを始める子供におすすめのそろばんとなっていますよ。

目次

そろばんは何歳からできる?早くて3歳頃から可能

そろばんって何歳からできるの?なんか難しそうだけど…

そろばんは早くて3歳頃から始めることができますよ。

電卓やパソコンでの計算が当たり前になってきた現在でも、そろばんは子どもの習い事として人気があります。

何歳から始めてもいいのですが、早ければ早いほど多くの効果が得られるでしょう。

ここからは何歳からそろばんができるようになるのか、年齢別に解説していきます。

そろばんができる1番早い年齢は3歳頃

そろばんを少しでも早く始めたいなら、3歳頃がいいでしょう。

3歳になった子供は、少しずつ数字が読めるようになったり数を数えられるようになったりしてきます。

3歳児を受け入れてくれるそろばん教室があれば、習わせることも可能ですよ。

ただし、子どもの成長度合いによってはじっと座っていられずそろばんに集中できなかったり、そろばんの使い方や先生の話が理解できなかったりするかもしれません。

子供の様子をよく観察して、始めるかどうかを決めるといいですね。

5〜6歳は読みや数えが上手になるため始める子が多い

幼稚園や保育園の年中、年長になると数字の読み方や数え方が上手になるので、そろばんを始める子供が多くなってきます。

じっと座っていることができるようになる子供も多く、そろばんを始めるにはいいタイミングかもしれません。

就学前に数字や計算に慣れておくと、計算の苦手意識が少なく入学後に習う算数が得意になることも考えられますね。

そろばんを始めるのに1番多い年齢は6〜9歳

小学校に入学して算数を学び計算の基礎が身についているので、親しみを持ってそろばんを始められます。

小学校低学年のうちからそろばんに慣れ親しんでおくと計算が早くなり、算数が楽しくて得意にもなって自信がつきそうですね。

ちなみにそろばんを始める平均年齢は9歳前後のようです。

高学年になるにつれて算数が苦手になる子供が多くなるので、低学年のうちから得意になっておけば算数に苦手意識を感じなくなるかもしれません。

小学校高学年や大人になってからでもできる

でも今から始めるのって遅くない?ちゃんとできるか不安…

小学校高学年でも大人になってからでも、そろばんを始めるのは遅くありません。

新しいことを始めるときは子供でも大人でも不安になりますよね。

しかしそろばんを始めて指先を動かすようになると、脳の血流を促進させ何歳からでも脳を活性化させる効果や暗算が早くなるなどの効果もあります。

子どもの脳は12歳でほとんど完成するとされていますが、個人差もあるため9歳以降にそろばんを始めても十分に脳の発達が見込めるでしょう。

これからの授業や仕事で役立つことが増えるかもしれませんから、始めようと思ったときが始めどきなのではないでしょうか。

そろばんは何歳からがおすすめ?時期や理由を解説

そろばんって何歳から始めるのがおすすめなのかな〜いいタイミングはいつ?

そろばんは数や計算が理解できれば何歳からでもできますが、5〜9歳頃に始めるのがおすすめですよ。

保育園や幼稚園の年中さんから小学校の低学年にあたります。新しく習い事を始めることが多い年齢でもありますね。

そろばんをこの頃から始めると算数が得意になり、成績も上がるかもしれません。

ここからはそろばんを何歳から始めるのがおすすめなのか、その理由についても解説していきます。

そろばんを習い始めるのは5〜9歳頃が理想

そろばんを習い始めるタイミングは5〜9歳頃がいいですよ。

5歳頃から脳がかなり発達して数について理解できるようになるので、就学前でも後でもそろばんを習うメリットが得られるでしょう。

効率的にそろばんを習わせたいと考えているなら、このタイミングに始めるのがいいのかもしれません。

ただ子どもの興味や成長に合わせて始める時期を見極めることや、無理強いしないようにすることが大切です。

子供がそろばんを楽しいと思える環境で始められるといいですね。

子供がそろばんに興味を持っているなら、ぜひ学ばせることを検討してみてください。

そろばんを子供が学ぶ方法は主にこの2つになりますよ。

  • そろばん教室に通う
  • 自宅でそろばんを教える

昔はそろばん教室に通う方法が主流でしたが、最近ではオンラインで学べる教室も増えています。

親が教えられるのであれば、自宅でそろばんを教えてもいいですね。

どちらが集中できるかは子供次第となってくるので、子供に合った​学習法を​選んでみてください。

小学校高学年からそろばんを始めても遅くはない

子どもの脳は急激に発達し12歳くらいに完成するので、高学年から始めたとしても遅いということはありません。

小学校高学年であれば、数や計算に対して​理解が​深まっていると考えられます。

かけ算やわり算もすでに学校で習っているため、そろばんを効率よく学べるでしょう。

高学年になると習い事は自分の意思で始めることが多いので、上達が早いかもしれませんね。

大人になってからでもそろばんを始められる

大人になってからでもそろばんを始めるのは遅くありません。

しかし大人が入会できるそろばん教室はあまりなく、独学で習得する方もいるようです。

大人がそろばんを習得する方法は主にこの4つになります。

  • YouTubeなどの動画サイトで学ぶ
  • オンラインのそろばん教室に入会する
  • そろばんの本で学ぶ
  • 知り合いのそろばん経験者に教えてもらう

インターネットに慣れている方は動画やオンライン教室を、そうでなければ本や知人に頼るのもいいでしょう。

自分に合った方法を選択して、そろばんを始めてみてくださいね。

確かにそろばんを早いうちから始めるといいのですが、大人になってからでも十分に上達できる可能性がありますよ。

せっかくそろばんを買うなら、長く使えるものがいいですよね。

このそろばんの珠は硬い木を使っているため、材質の経年劣化が少ないです。

そろばんにとって、最も適した素材を使っていますよ。

そろばんは何歳からでも学ぶメリットが4つある

そろばんを始めるタイミングに理想はあるけれど何歳からでもいいんだね!じゃあ学ぶことでどんなメリットがあるの?

そろばんを学ぶのは何歳からでもいいですし、大人でも子供でも学ぶことによるメリットがありますよ。

そろばんを学ぶことで得られるメリットは主に4つあります。

そろばんを学ぶメリット
  • 集中力が上がる
  • 計算が得意になる
  • 脳が活性化する
  • 忍耐力や競争力が身につく

ここからは、そろばんに対するメリットを順番に紹介していきます。

メリット①集中力が上がる

そろばんの計算自体は難しくなくても集中して問題を解くため集中力が上がりますよ。

そろばん教室では時間内に一定量の計算問題をしたり先生が読み上げる数字を計算する問題を行ったりしますが、集中して解かないと時間が足りなくなったり問題を間違えてしまったりします。

そのため短時間でも集中する習慣がつきやすく、学校でも先生の話を集中して聞けるようになるなどのメリットがありますよ。

なかなか座っていられない子供でも毎週座る習慣がつき、学校の授業でも集中して座っていられるようになるでしょう。

メリット②計算が得意になる

そろばんを習っておくと計算力が高くなり、正確に計算ができるようになりますよ。

すばやく正確に計算できるようになると、大人になってからも色々な面で活躍できるでしょう。

電卓やパソコンがなくても自分の頭で計算できるというのは、とても魅力的なメリットですね。

計算が得意になれば算数も得意になる可能性があり、好きな教科として成績を伸ばしていけるかもしれません。

算数や計算が得意になることで論理力も鍛えられるので、将来必要となる論理的思考を身につけられそうですね。

メリット③脳が活性化する

そろばんは目で見て指先を使うことで、脳を活性化させる効果が期待できます。

子供は12歳頃まで急速に脳が発達していくのですが、そろばんで計算能力などを身につけておくと脳が発達し活性化するでしょう。

そろばんは珠の数で数字を表すので、珠の数を見てすぐ判断をすることが大事になります。

特にイメージを司る右脳が活性化し、記憶力や視覚情報の処理能力が高くなりますよ。

学校の授業は言語や論理的思考など左脳を鍛える勉強が中心なので、そろばんを始めると左脳と右脳どちらもバランス良く鍛えられそうです。

右脳が活性化され記憶力が良くなったり​情報を視覚で処理できたりすると、受験や就職してからも役立ちますね。

大人から始めたとしても、認知症の予防になったりやる気やコミュニケーションの活性化にもつながるので何歳から始めてもメリットがありますよ。

メリット④忍耐力や競争力が身につく

何度も繰り返し練習を重ねる忍耐力や、互いに刺激し合って高めあう競争力が習慣として身につきます。

ミスをせずに正解にたどり着くために何度も練習をしたり、そろばん大会などを通して互いに頑張るという経験は大人になってからも役立つでしょう。

勉強だけではなく他のことにおいても役に立つことは間違いないですね。

目標達成のために努力を続ける忍耐力や競争力を高め、将来生きていくために必要な力をそろばんから学ぶことができますよ。

まとめ

  • そろばんは何歳からでもできるが、数が読めたり数えられたりするようになる3歳ごろからできる
  • 子どもの成長度合いによってはじっと座っていることが難しくてそろばんに集中できないこともあるため、子どもの様子をよく観察して始めるかどうかを決める
  • 5〜6歳からそろばんを始める子供も多いが、計算の基礎が身についている6〜9歳から始める子供も多い
  • 何歳からでも脳を活性化させる効果や暗算が早くなるなどの効果があるため、小学校高学年や大人になってからでも始める意味がある
  • そろばんを始めるなら5〜9歳頃がおすすめで、オンラインや近所の教室に通うか家で親が教える学習方法がある
  • 大人になってからでもそろばんはできるが大人向けの教室が少ないため、動画やオンラインのそろばん教室、本や知り合いの経験者に教えてもらうなどして学習する
  • そろばんを学ぶメリットは集中力が上がる、計算が得意になる、脳が活性化する、忍耐力や競争力が身につくという4つがある

そろばんは大人も子供も関係なく、何歳からでも始めることができます。

子供の成長度合いをよく見て、教室に通わせたり親が教えたりするといいでしょう。

子供が数字に興味を持ったら、始めてみるのもいいのではないでしょうか。

せっかくそろばんを買うなら、そろばんを守るケースも欲しくなりますよね。

こちらのそろばんはそろばんケースもセットになっています。

定番のチェック柄で2パターンから選べるので、好きな方を購入できますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる