修学旅行のボストンバッグは何リットル?2泊3日で30から40リットル!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

修学旅行に使うボストンバッグは何リットルくらいが目安になるのかは、宿泊日数によって変わりますが、2泊3日では30~40リットルとなります。

学校生活の中で最大のイベントともいえる修学旅行を、とても楽しみにしている人が多いと思います。

ただ、ボストンバッグの大きさや何リットルの容量を目安にするのかを事前に知らないと、修学旅行中に荷物が入らなくなってしまう、大きすぎて持ち運びが大変になってしまうなどがあります。

この記事では、修学旅行に使うボストンバッグは何リットルを目安にしたらよいのかを、詳しくご紹介していきます。

また、パッキングのコツや小中学生に人気のブランドについてもお話していきますので、あなたに合ったバッグを選ぶことができますよ。ぜひ、参考にしてくださいね。

目次

修学旅行ボストンバッグは何リットル?30~40リットル

修学旅行に使うボストンバッグは何リットルのものが必要なのかは、宿泊日数にもよりますが、およそ30~50リットルの容量のものになります。

楽しみにしている修学旅行に心配なく参加するためには、まずはバッグ選びからです。

まず最初に頭に浮かぶのは、ボストンバッグは何リットルくらいの容量、大きさのものを選べばいいのだろうということですよね。

小さくて荷物が入らなかったり、ギュウギュウでは困りますし、大き過ぎたら、扱いが大変なのではないかと頭を悩ませ、困っている人もいるかもしれません。

また、周りの友人たちはどんなものを持っていくのだろうと気になったりもします。

ここでは修学旅行に使うボストンバックの容量や大きさと目安となる宿泊日数について、お話していきます。

ボストンバック選びの参考にしてもらえると、あなたに合ったバッグがきっと見つかりますよ。

宿泊日数とボストンバックの容量と大きさの目安

宿泊日数ごとに目安となるボストンバックの容量と大きさをまとめてみました。

宿泊日数ごとの容量の目安
  • 1泊2日 20~30リットル
  • 2泊3日 30~40リットル
  • 3泊4日 40~50リットル

手持ちのボストンバッグはあるのだけれど、容量の表示がなくてわからないという人は、次の式に大きさを当てはめると、およその容量を計算することができるので、参考にしてください。

横幅(cm)×高さ(cm)×奥行(cm)÷1000

次に容量ごとの大きさの目安を書いておきますので、こちらも参考にしてくださいね。

大きさの目安
  • 30リットル 幅45cm×高さ30cm×奥行30cm
  • 50リットル 幅60cm×高さ30cm×奥行30cm

ボストンバッグの容量や大きさの目安がわかったところで、実際に選ぶときのポイントを書いていきますね。

ボストンバッグの選び方のポイント4つ

修学旅行に使用するボストンバッグの選び方には4つのポイントがあります。

ボストンバッグ選び方の4つのポイント
  • 荷物の量を確認する
  • バッグの収納を確認する
  • 防水や耐水に対応しているか
  • 持ち手やショルダーベルトの使いやすい物を選ぶ

ボストンバッグの選び方のポイントについて、一つずつ詳しく紹介していきますね。

荷物の量を確認する

何リットルのボストンバッグが必要か、実際に持っていく荷物を準備をして、どれくらいの分量になるか確認をする。

確認をすることで、帰りのお土産を入れた状態なども目途を付けることができます。

バッグの収納を確認する

バッグの内側に仕切りポケットやメッシュのポケットはあるか、確認をします。

内側にポケット等があると、小物の整理や収納がしやすくなり、便利に使うことができます。

また、外部にも収納ポケットがあると、よく使う物を手軽に収納することができ、出し入れもしやすいです。

防水や耐水に対応をしているか

旅行先では雨に降られることもあり、防水、耐水の処理がされていない生地だと、中の荷物まで濡れてしまってびっしょりなんてことにもなりかねません。

せっかく楽しみにしていた修学旅行なのに、残念な気分になってしまいますよね。

撥水や防水コーティングをされた生地を使用しているバッグを使用すると安心です。

また、バッグの底や角など摩耗しやすい部分に補強がされている製品もありますので、そういったものを選ぶことも大切です。

持ち手やショルダーベルトの使いやすい物を選ぶ

持ち手や肩にかけるショルダーベルトに、体への負担を考えて、補強や工夫がされている製品を選びましょう。

重い荷物でも持ち運びしやすくなるので、工夫をされているものを選ぶようにしてください。

持ち運びしやすいように2wayや3way で使えるものもあるわ!

バッグに持ち物を入れるためのパッキングのコツ

バッグの中に持ち物を用途別にきれいに使いやすく入れるためには、パッキングの仕方が大切です。

ここでは、パッキングのコツをお伝えしますので、ぜひやってみてくださいね。

持っていく荷物をすべてそろえます。

持っていく荷物を一か所に出して一目でわかるようにしておきます。

使うシーン、用途ごとに仕分けをして、グループを作ります。

洋服の着替えや、洗面用具、タオル類など、用途ごとに仕分けをします。

グループごとに、ポーチやインナーバッグなどを利用してまとめます。

グループごとに大きさを見ながら、インナーバッグや袋等を利用して小分けにしておきます。

バッグの中に荷物のバランスを考えながら入れていきます。

バランスや大きさを考えながら、バッグの中にポーチなどを入れていきますが、この時、バッグを安定させるために重心にも注意をしてください。

お土産を入れるスペース、余裕を見ておきましょう!

次に、中学生がボストンバッグを修学旅行に使うときのコツについて、お話していきますね。

ボストンバッグを修学旅行に中学生が使う時は大きめで

中学生の修学旅行の日程は、公立の学校では2泊3日がほとんどなので、ボストンバッグの大きさの目安は30~40リットル、荷物の量によっては少し大きめのバッグを選んだほうが良いでしょう。

修学旅行用のボストンバッグを選ぶときは、荷物の量だけではなく、使う人の体格も考慮して大きさを選ぶ必要もあるかもしれません。

また、中学生になると、自分の好みもはっきりとしてくるため、お気に入りのものを持ちたいですよね。

私の子どもの場合は、部活で使っていたスポーツブランドのボストンバッグが2種類ありました。

帰りにパッキングが雑になることとお土産をいれることを考えて、50リットルの大きめのものを修学旅行に使いました。

中学生のボストンバッグ選びのコツは、高校生になっても部活の遠征や、合宿で使えるものを選んだ方が経済的ですし、せっかく買ったのに使わないなんてことにならずに済みます。

ここでは、中学生が修学旅行に行くときの持ち物と、好みがはっきりしてくるため、男女別の人気のボストンバッグを紹介します。

バッグのサイズは持ち物の分量を確認してから決める

中学生になると、身だしなみや気になることがでてくるため、個人的に必要なものがあり、荷物がふえるということがあります。

宿泊先によっては、バスタオルやフェイスタオル、歯ブラシなどアメニティが部屋についていることもありますが、あっても使わないという人もいます。

女子ではヘアアイロンが必要という人もいると思いますが、学校のルールに従って準備をしてください。

修学旅行の持ち物
  • 修学旅行のしおり
  • サブバッグ
  • 健康保険証
  • 学生証
  • 筆記用具
  • 着替えやパジャマ
  • 体操服
  • バスタオル、タオル
  • 洗面用具
  • バスグッズ
  • メガネ、コンタクトレンズ・ケア用品
  • 常備薬・絆創膏
  • 折り畳み傘
  • ハンカチ・ティシュ
  • 水筒
  • 現金・財布
  • エコバッグ
女子向け持ち物
  • ヘアブラシ
  • ヘアゴム
  • 化粧水や乳液
  • 日焼け止め
  • 生理用品
  • ドライヤー・ストレートアイロン(学校ルールによる)

男女での荷物の差はもちろん、かなり個人的に持ち物には差がでてきそうですね。

私は上の子どもの荷物のパッキングをする時に、持ち物の量をきちんと確認をしなかったので、実際にバッグに入れる時にバッグが小さくて、焦った経験があります。

まずは持っていく物が決まったら、一度、集めて分量の確認をしてみることが、バッグを決める上で大切です。

次に男女別に好みが分かれてくる人気のボストンバッグのブランドをまとめました。

中学生のボストンバッグ男女別人気ブランド

男子と女子で人気のブランドがかなり違っていますので、ご紹介をしていきますね。

男子に人気のブランド
  • アディダス
  • ナイキ
  • コールマン
  • ノースフェイス
  • フィラ

男子にはスポーツブランドの人気が高いようで、人気のカラーはブラックです。

女子に人気のブランド
  • イーストボーイ
  • フィラ
  • アウトドア
  • アネログランデ

女子の人気ブランドには、ファッションブランドが入っていて、特にイーストボーイは上位10位以内に5つの商品が入っているほどの人気です。

人気のカラーは男子と同じくブラックですが、女子ではネイビーも根強い人気があります。

次に小学生の修学旅行のバッグについてみていきますので、読んでみてくださいね。

小学生修学旅行バッグは何リットルかは30リットル前後

公立の小学生の修学旅行日程は、1泊2日がほとんどですが、修学旅行バッグの容量を何リットルにすればよいかというと、およそ20~30リットル前後となります。

もちろん、行先や時期によっては、羽織るものが必要になったり、洋服も厚手のものとなってかさばることがあります。

行きは親が手助けをして、きれいにパッキングされていたとしても、帰りは時間の限られている中で乱雑にバッグにしまい込んだりして、荷物のかさがふえてしまうこともあります。

また、帰りのお土産をしまうことも考えると、少し余裕を見て大きめのものを選ぶ方が子どもにとっては楽だといえます。

小学生の修学旅行バッグの選び方を書いていきますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

修学旅行のバッグの選び方とポイント解説

修学旅行バッグを選ぶポイントと、何リットルの容量のものを選べばよいのか、見ていきます。

小学生の場合は、まず、学校からのお便り等を見て、禁止されているバッグはないか確認をします。

学校によっては、バスに積み込む都合でキャリーバッグの使用が禁止されている場合があるようです。

周りのお友達がどんなバッグを持っていくのか、気になるわ。

小学生の修学旅行では、ボストンバッグを使用する人が大多数ですが、中には体格を考慮して、小柄な場合はリュックを選ぶこともあります。

また、使用するバッグはボストンバッグ一つではなくて、サブバックとしてリュックやショルダーに財布や貴重品、資料などを入れて移動しますので、サブバックも収納に活用できますね。

ボストンバッグを持って移動するのは、学校からバスまでとバスから宿泊先までで、ほとんど置いたままなので、重さや大きさについてそれほど心配をしなくても大丈夫です。

何リットルくらいがよいのかと気になりますが、そう考えると、荷物がすっきりと入って余裕があるくらいがよさそうですね。

容量については、目安として1泊2日で20~30リットルとされていますが、実際は大きめの40リットル前後が多く、50リットルを選ぶ人もいるようです。

50リットルになると、中学生での修学旅行や部活の遠征などにも使えるため、長く使うことができます。

シンプルで飽きのこないデザイン、丈夫で軽く、生地に撥水・防水加工がされ、底面や角に補強などがされているものを選ぶことが大切になります。

小学生男女別に人気ブランドを書いていきますので、ぜひ、読んでみてください。

小学生の修学旅行バッグ男女別人気ブランド

人気の小学生修学旅行バッグを、男女別にまとめましたので紹介していきますね。

男子に人気のブランド
  • フィラ
  • ナイキ
  • プーマ
  • イーストボーイ
  • アディダス

男子にはやはりスポーツブランドが人気があるようで、ほとんどがスポーツブランドですね。

シンプルで、中学生になって部活にも十分使えるものが人気が高いようです。

フィラの商品はショルダーにもリュックにもなる3wayの商品が選ばれています。

ナイキの商品は、サイドにポケットがついていて、たくさん収納ができ、また、ファスナーが広く開くので荷物の出し入れがしやすいです。

女子に人気のブランド
  • チャムス
  • フィラ
  • イーストボーイ
  • アウトドア
  • セブンジュエルズ

女子にはファッションブランドも人気があり、イーストボーイは男女を問わず人気があります。

黒生地の商品もあり、軽量で大容量、男女を問わずに使うことができるのも人気の秘訣ですね。

女子向けにピンクやハートのチャームなどのかわいいポイントもあります。

男子にはスポーツブランド、女子にはファッションブランドも人気があるのね!

セブンジュエルズは、45リットルの大容量ですがとても軽く、荷物が増えた時の体への負担が少ないです。

肩パットは内側メッシュのクッション性があるものなので、肩が痛くなる心配はありません。

まとめ

  • 修学旅行に使うボストンバッグは何リットルになるのかは宿泊日数にもよるが、およそ30~40リットルの容量のものになる
  • 修学旅行のボストンバッグの宿泊日数と何リットルかの目安は、1泊2日は20~30リットル、2泊3日は30~40リットル、3泊4日は40~50リットルになる
  • 大きさから何リットルになるかの容積の求め方は、横幅(cm)×高さ(cm)×奥行(cm)÷1000で出すことができる
  • ボストンバッグの選び方のコツは、実際に持っていく荷物を準備をして、どれくらいの分量になるか確認をする、バッグの収納の確認など4つある
  • バッグの中に持ち物を使いやすく入れるためのパッキングのコツは、使うシーンや用途ごとに仕分けをしてまとめるなど、4つある
  • 中学生の修学旅行ボストンバッグの大きさが何リットルかは、目安として30~40リットル、荷物の量によっては少し大きめのバッグを選んだほうが良い
  • 修学旅行の持ち物は、中学生になると、身だしなみや気になることが出てくるため、個人的に必要なものがあり、荷物がふえるということがある
  • 公立の小学生修学旅行の日程は、1泊2日がほとんどのため、バッグの容量を何リットルにすればよいかというと、およそ20~30リットル前後
  • 小学生の修学旅行のバッグは、ボストンバッグを使用する人が多い
  • 中学生、小学生ともに男女でバッグの人気ブランドに違いがある

学校生活の中でも最大のイベント、楽しみに待った修学旅行なので、安心して楽しく参加をしたいものです。

宿泊するので荷物が多いため、どれくらいのバッグを持って行ったらよいのかと、どうしても気になりますよね。

この記事を参考にして、あなたに合ったバッグを見つけてもらえると嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる