指輪のジャストサイズとは着け心地いいもの!測り方や選び方を紹介

結婚指輪を探しているのですが、指輪のジャストサイズとはどんな感じなのですか?

指輪のジャストサイズとは、緩すぎずきつすぎず、自分が一番しっくりくる着け心地のものを言います。

指輪のジャストサイズの感覚には人それぞれに違いがあります。

一般的に指輪のジャストサイズとは、スッと入り締め付け感がなく、なかなか抜けず、外すときに関節付近で軽く引っかかるもののことを言います。

指輪を購入するときに「これくらいかな」と適当に決めたことで、外れて無くしてしまったり、外れなくなり指輪をカットするという事態に陥ります。

そうならないためにも、自分にあったサイズの指輪を見つけることが大切になります。

この記事を読めば、指輪のジャストサイズがわかり、スムーズに自分にぴったりの指輪を見つけることができますよ。

自分が一番しっくりくる着け心地の指輪を見つけるにはどうしたらいいのか悩みますよね。

そんなときは色々なサイズの指輪を着けてみることがおすすめです。

こちらのリングゲージを使えば、家でたくさんの指輪のサイズを試すことができますよ。

目次

指輪のジャストサイズとはしっくりくる着け心地のもの

指輪のジャストサイズとは、簡単には外れず、締め付け感もなく着けたときに一番しっくりくる着け心地のものを言います。

なんだか難しいように感じますが、指輪のジャストサイズとは、指輪を着ける人の感覚で決まってきます。

また、生活スタイルの違いで着けたり外したりしないといけないという場合は、緩めの指輪がいいというかたもいます。

緩めの好きなかたもいれば、きつめが好きなかたもいます。

指輪を選ぶときは何度も試着して、自分のジャストサイズを見つけることが大切になります。

一般的な指輪のジャストサイズ
  • スッと入り締め付け感がない
  • なかなか抜けない
  • 外すときに関節付近で軽く引っかかる感じがする

この3つのことを頭に置いて指輪選びをすると自分に合ったものを見つけることができます。

私は結婚指輪を選ぶときに色々な時間に何度もお店に行き、何度も指輪を着けたり外したりして指輪を決めました。

そのお陰なのか、今、結婚指輪は私の指の一部のようにしっくりといい着け心地になっています。

指輪選びのときに適当にサイズを選んでしまうと、緩すぎたり、きつすぎてはいらなかったりすることがあります。

サイズ直しをすればいいのですが、デザインによってはサイズ直しができないものもあったりします。

ジャストサイズでなかったために、外れて無くなってしまったり、指輪が外れなくなり指輪をカットしないといけないという事態になってしまったらすごく悲しいですよね。

そんなことにならないためにも、自分に合うサイズの指輪を探しましょう。

指輪のジャストサイズはどのくらい?測り方は5つ!

指輪のジャストサイズがどのくらいなのかを知るときのポイントを教えてください。

指輪のジャストサイズがどのくらいなのかを知る測り方のポイントは5つあります。

そのポイントを必ずチェックして、着け心地を確認してくださいね。

  1. 着ける指の根本に入れ、抜くときに引っかかるか確認
  2. グーパーして痛みやうっ血がないかを確認
  3. 季節や時間帯によって指輪のサイズ感が変化する
  4. 指輪のデザインによってサイズ感が変わることを知る
  5. 趣味や生活スタイルを考える

指輪のジャストサイズがどのくらいなのかを知る測り方を事前に理解した上でお店に行って指輪選びをすると、サイズ選びでそこまで悩まずにすむのではないでしょうか。

5つの測り方のポイントをチェックし、自分のジャストサイズの指輪を見つけてみましょう。

着ける指の根本に入れ、抜くときに引っかかるか確認

指は左右で太さに違いがあるので、必ず、指輪を着ける指の根本まで指輪をするようにし抜くときには、指の関節や肉、皮に引っかかるかどうかを確認しましょう。

指輪を着ける基本的な位置は指の根本になります。

指輪を上のほうに着けると指を曲げるときにきつく感じてしまうため「合っていないのでは?」と思うかたがいるようです。

指輪を着ける基本的な位置につけ、自分にとってしっくりくる着け心地のものを選んでください。

この基本的な位置を間違えると緩い指輪になってしまうので注意が必要です。

また、引っかからないとスルっと抜けて指輪が無くなってしまうことがあります。

逆に引っかかりすぎて抜けなくなってしまうこともあるので、ほどほどに引っかかりがある状態にしましょう。

手を振ったときに抜けないかの確認をするといいですよ。実際に指輪をして手を振ってみることをおすすめします。

グーパーして痛みやうっ血がないかを確認する

指輪を着けて、手をグーパーしたときに痛みやうっ血がないかの確認をしましょう。

痛みやうっ血がある場合は指輪がきつすぎのサインです。ゆっくり外して、指輪のサイズを上げましょう。

外れない場合は、石鹸水をつけると外れやすくなりますよ。

指輪を外したときに指輪の跡が残ることがありますが、指輪をするとほとんどのかたに跡がつきます。痛みやうっ血がなければ問題はありません。

季節や時間帯によって指輪のサイズ感が変化する

指のサイズは、季節によってむくみやすかったり、むくみにくかったりする上に、朝や夜、体調などによっても変化します。

夏は体温が上昇するため指がむくみやすくなります。

また、湿度も高くなり汗もかくため、指輪が外れにくくなるために「きつい」と感じやすくなります。

逆に冬は体温が下がるために指がむくみにくく、乾燥しているために指輪は外れやすくなるために「緩い」と感じてしまうようです。

お酒を飲んだ後や風邪をひいているとき、入浴後などは指がむくみやすくなります。

この変化を知るためにも家で実際に指輪を着けて生活してみることをおすすめします。

結婚指輪などの場合、お店によってはサンプルを貸し出ししてくれるお店もあります

実際に指輪を着けて生活してみると、どんなときに外れやすいか、きつく感じるのかなどを体感でき、自分のジャストサイズの指輪を見つける近道になったりします。

指輪のサイズを決める日の前日にはお酒は飲まず、体調を整えていくとジャストサイズの指輪を見つけることができるのではないでしょうか。

また、最近ではインターネットなどで気軽に「リングゲージ」を購入することができます。自宅でリングゲージを着けて朝や夜などの指のサイズを測ってみるのもいいですね。

自分が一番しっくりくる着け心地の指輪を見つけるにはどうしたらいいのか悩みますよね。

こちらのリングゲージを使えば、ジャストサイズの指輪を家で見つけることができ、指輪がどんなときにきつくなったり緩くなったりするのかを体感することができますよ。

指輪のデザインによってサイズ感が変わることを知る

指輪にはさまざまなデザインのものがたくさんあります。

同じサイズでも指輪のデザインによって、きつく感じたり、緩く感じたりするようです。

太めの指輪の場合は、指に触れている面積が広くなるためにきつく感じ、細めの指輪の場合は、指に触れている面積が小さくなるために緩く感じます。

また、指輪の幅に違いがあったり動きのあるデザインの場合は、全てが同じ太さの指輪よりも着け外しがしやすくなる傾向があるようです。

指輪の太さやデザインでもサイズ感の違いがあるのでどんなデザインのものがいいなども考えておくといいですね。

趣味や生活スタイルを考える

趣味や生活スタイルによっては着け外しを頻回にしないといけないかたの場合はその点も考えて指輪選びをしましょう。

お仕事の関係で指輪を外さないといけないかたや普段から着け外しが頻回になるかたはピッタリすぎる指輪だと外すときにストレスを感じてしまうことがあります。

着け外しをするということも念頭におき、緩すぎず外すときにストレスにならない程度の指輪を選ぶようにしてくださいね。

また、指の力を使う仕事を最近始めたというかたや趣味で指の力を使うものを始めたというかたの場合は指に筋肉がつくことで太くなることがあります。

逆に力を使う仕事を辞めたりした場合には指の筋肉が落ちて細くなることもあります。

私の旦那さんは鍼灸師として働いていますが、指が太くなってしまったために結婚指輪は入らなくなってしまいました。今はサイズ直しもせずに、家で大切に保管しています。

これらのことも理解した上で指輪選びをしてくださいね。

指輪のジャストサイズの選び方は指のタイプで違う

人間の指は大きく分けて3つのタイプに分かれていて、そのタイプに合わせた指輪の選び方をするとジャストサイズの指輪を見つけることができます。

  • 指の先に向かって細くなっている
  • 全体的に指の太さが均一
  • 関節が太く張り出している

自分がどんな指のタイプなのかを確認してみてください。

指のタイプに合わせた選び方をすると緩すぎて外れてしまわず、きつすぎて外せないということのない、自分のジャストサイズの指輪と出会うことができますよ。

指のタイプ別、指輪のジャストサイズの選び方をそれぞれご紹介します。

指の先に向かって細くなっている

指が指の先に向かって細くなっているかたの場合は、指輪が「スルっと」抜けてしまいやすいために指の根本に合わせた、きつめの指輪がおすすめです。

手を洗ったり、ハンドクリームをつけたりして知らないうちに抜けてなくなってしまうという悲しいことになってしまう場合も考えられるので注意が必要です。

また、抜けないようにときつめの指輪を選んでも指輪に肉が乗っかっていたり、食い込んでいるように見える場合はきつすぎのサインです。

そんな場合は少し大きめの指輪を選ぶようにしましょう。

また、指の形によっても似合うデザインと似合わないデザインなどがあります。

指の先に向かって細くなっているかたは、こんなデザインの指輪がおすすめです。

おすすめのデザイン
  • 指輪に厚みのあるもののほうが指輪に乗っている指のお肉と指輪に高さの差ができにくくなるので食い込み感が軽減する
  • 指輪が食い込んでいるように見えるのが気になるというかたは、ウェーブやVラインの指輪だと食い込みにくい

全体的に指の太さが均一

全体的に指の太さが均一のかたの場合は、指の根本にサイズを合わせるこのがおすすめです。

関節で若干引っかかってしまい、きつく感じるかもしれませんが、それくらいのサイズがジャストサイズとなります。

また、自分の感覚や生活スタイルに合わせたサイズの指輪を選んで大丈夫です。

頻回に外すようであれば緩めの指輪、常に着けているのであればきつめに指輪を選ぶといいでしょう。

全体的に太さが均一なので簡単に抜けてしまうなどの心配はないですが、指輪を着けていると指が細くなり緩くなってしまうこともあります。

緩めを選んだ場合は指が細くなってしまって抜けてしまうということも考えられるので注意してくださいね。

全体的に指の太さが均一のかたはこんなデザインの指輪がおすすめです。

おすすめのデザイン
  • シンプルで落ち着いたイメージを好まれるかたはストレートデザインの指輪がおすすめ
  • 指を細長く見せたいかたは、ウェーブやVラインのデザインがおすすめ
  • 全体的に指の太さが均一のかたは、どんな指輪でも着けこなせるので、色々と試着して自分の好みのものを選べる

関節が太く張り出している

指の関節が太く張り出しているかたの場合は、関節を通ってしまえば指輪がゆるくなるために、関節を通るギリギリのきつめの指輪がおすすめです。

関節を通るときに痛みや赤みがでない程度のきつめの指輪を選びましょう。

また、着け外しを頻回にしないといけないかたの場合は、着け外しにストレスがかからない程度の指輪を選ぶようにしてください。

緩すぎると手を握ったときに隣の指に当たって痛みを感じることがあるので、痛みの感じない程度の指輪をえらびましょう。

関節が太く張り出しているかたは、こんなデザインの指輪がおすすめです。

おすすめのデザイン
  • プレーンか指輪に一周デザインのある指輪が緩くて回ってしまっても気になりにくいデザインがおすすめ
  • 細めの指輪よりも、太めの指輪のほうがフィット感を感じられるのでおすすめ

指輪のジャストサイズがきついときの対処法

購入時はジャストサイズと思って選んだ指輪ですが、さまざまな理由からジャストサイズではなくきつい・緩いと感じるようになったりてしまうこともあり、そんなときは指輪のサイズ直しを考えてみることも必要になります。

妊娠・出産などで太ってしまったり、痩せてしまったり、趣味で指を使うようになったら指に筋肉がついてしまったりと理由は色々あると思います。

せっかく一生懸命選んだ指輪がきつい・緩いと感じてしまい、着けられなくなってしまうのはとっても悲しいですよね。

そんなときのために、サイズ直しについても理解していていただくことが大切になります。

指輪がきつい・緩いと感じる場合はサイズ直しをしてまたジャストサイズの感覚を取り戻しましょう。

サイズ直しの方法と注意点

指輪のサイズ直しの方法は色々とあるようで、指輪によっても方法に違いがあるようです。

  • 金属を圧縮したり、伸ばしたりする方法
  • 指輪を切り離し、素材を付けたり、切り落とす方法
  • 内側を削ったり、足したりする方法

これらの方法で指輪のサイズを大きくしたり、小さくしたりすることができます。

しかし、すべての指輪がサイズ直しできるわけではありません。

加工が難しい金属の指輪の場合はサイズ直しができないことがあります。

また、サイズの変化が大きいと指輪に負担がかかり、石留めや指輪のデザイン、内側の刻印に影響がでてしまうことも・・・。

そうならないためにも、指輪選びの段階でサイズ直しのできる指輪なのかを確認し、アフターサービスについて説明を聞いておくことが大切になります。

店舗によってアフターサービスの内容にも違いがあり、サイズ直しも購入後1年間というところが多いようですが、「永久保証」というところもあるようです。

指輪のサイズだけではなく、アフターサービスまでも知っておくことでサイズが合わなくなったときにもすぐ対応できるようになりますよ。

妊娠中に指輪選びをする場合はサイズ直しも考慮する

妊娠中に指輪を選ぶ場合は、サイズ直しできるデザインのものを選ぶようにしてください。

妊娠中に結婚式をする場合などは、指輪が必ず必要になりますよね。

普段着けている指輪と同じサイズのものを購入してしまい、指輪が入らなくなってしまうこともあります。

妊娠中はむくみやすく、体調も不安定で妊娠して体重も増加し太るかたも多くいます。

そのため、妊娠中に指輪を購入する場合には指輪選びの段階できつすぎず、緩すぎない指輪を選び、出産後に落ち着いたらサイズを直すというのがおすすめです。

その場合、指輪を購入する店舗にサイズ直しができるかどうか、アフターサービスに含まれているかを確認し、サイズ直しのできる指輪のデザインを選ぶようにしましょう。

サイズ直しをしたくない、できない場合はどうする?

指輪のサイズ直しは、指輪をカットするため縁起が悪いと考え、サイズ直しを嫌うかたがいます。

また、金属によってはサイズ直しのできないものもあります。

サイズ直しをしたくない、できない場合はどうしたらいいのでしょうか?

  • 指輪を新しく買い直す
  • 緩い指輪にジャストサイズの指輪を重ねて着ける
  • 緩い指輪の内側に歯科矯正用のワックスを塗る
  • きつい指輪はネックレスに通して首からかけておく

この4つの方法から、自分に一番合うものを選んでみるのがいいでしょう。

指輪を新しく買い直す

指輪のサイズ直しをしたくない・できない場合は、指輪を新しく買い直すという選択肢もあります。

「指輪を新しく買い直す」というのは、「ちょっと嫌だな」と思うかもしれません。

しかし、1周年記念や5周年記念といったように何かの記念と称して、指輪を買い替えるとなんだか特別感がでていいですよね。

記念の指輪選びをすると、記念日をより一層楽しむことができると思います。

私の友達は夫婦そろって指輪がきつくなってしまい、結婚5周年の記念として指輪を買い替えていました。

すごく楽しそうに選んでいて、見ている私も幸せな気分になりました。

友達夫婦はきつくなってしまった結婚指輪を可愛く写真に撮って、携帯の待ち受け画面にしています。

「結婚指輪もそういう楽しみ方があるんだな」と私は友達夫婦から教えてもらいました。

私の友達夫婦のように指輪選びを楽しめるかたもいれば、「指輪を新しく買うのは、お金もかかるし、面倒」と思うかたもいるはずです。

そんなかたは、これから説明する方法を試してみてください。

緩い指輪にジャストサイズの指輪を重ねて着ける

緩い指輪にはジャストサイズの指輪を重ね着けをすると、ジャストサイズの指輪がストッパーになって指輪が落ちなくなります。

指輪の重ね着けはとってもおしゃれで可愛くなりますよ。

結婚指輪となると、お値段も高くなる上に2人分を買い替えるのはちょっと大変ですよね。

そんな時はお家にあるジャストサイズの指輪を着けてみてみるのもいいでしょう。

緩い指輪の内側に歯科矯正用のワックスを塗る

緩い指輪の内側に歯科矯正用のワックスを塗ることですべり止めとなり、指輪が外れにくくなります。

歯科矯正の部品と口腔内が当たるのを軽減してくれる役目をするワックスです。

インターネットでも購入可能なので、検索をして購入して試してみてください。

指輪が緩くなってしまったら、サイズ直しをしようかどうしようか悩みますよね。

そんなときは、こちらの歯科矯正用ワックスを指輪の内側に塗ると滑り止めになって指輪が外れにくくなりますよ。

きつい指輪はネックレスに通して首からかけておく

きつい指輪の場合は、無理して着けずにネックレスに指輪を通して身に付けておくのがおすすめです。

金属のネックレスにすると、指輪の内側にキズがついてしまうので、できれば紐タイプのものにしてください。

結婚をして、指輪がきつくなる理由は色々ありますが、「幸せ太り」ということもあります。

きつい指輪を首からかけて、ダイエットを決意するのもいいのかもしれませんね。

まとめ

  • 指輪のジャストサイズとは、簡単には外れず、締め付け感もなく着けたときに一番しっくりくる着け心地のものを言う
  • 指輪のジャストサイズとは、人それぞれの感覚で決まる
  • 一般的に指輪のジャストサイズとは、スッと入り締め付け感などがなく、なかなか抜けないもの、外すときに関節付近で軽く引っかかる感じがするものことを言う
  • 指輪のジャストサイズを見つけるためには「着ける指の根本まで指輪を入れる」「グーパーして痛みやうっ血がないかを確認する」などサイズの測り方のポイントが7つある
  • 人間の指はだいたい3つタイプに分かれていて、そのタイプに合わせて指輪の選び方をするとジャストサイズの指輪を見つけることができる
  • 指輪がジャストサイズでなくなった場合はサイズ直しを考える
  • 指輪選びの段階でサイズ直しのできる指輪なのかを確認し、アフターサービスについて説明を聞いておくことが大切

指輪のジャストサイズがどんなものなのかわかったでしょうか?

ジャストサイズを知ることで、指輪をなくしてしまったり、指輪をカットしなくてはいけないという悲しい事態に陥ることはなくなります。

また、自分の生活スタイルに合わせた指輪を見つけることもできます。

ここで紹介した指輪のサイズの測り方や選び方をして頂ければ、自分のジャストサイズの指輪を簡単に見つけることができると思います。

せっかく指輪選びをするのだから、幸せいっぱいで楽しく自分のジャストサイズ探しをしてみてくださいね。

指輪を購入するために、何度も店舗に足を運んで試着するのはかなり大変ですよね。

そんなときは、こちらのリングゲージを使って頂ければ、家で自分が一番しっくりくる着け心地のジャストサイズを知ることができます。

何度も店舗に足を運ばなくてすむのは本当にたすかりますよね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる