ディズニーは飲み物の持ち込みは何本でもOK!注意点やおすすめの持参方法も

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

ディズニーって飲み物を持ち込みするのに何本までって制限があるのかしら?

ディズニーのパーク内への飲み物の持ち込みは何本でも可能です!ただし、持ち込み可能と言っても水筒とペットボトルならOK、という制限があります。

ディズニー内で飲み物を買おうとすると、ペットボトルだとどんな量であれ一律200円と少し高いなぁ〜というのが正直な感想。

物によってはスーパーやドラッグストアじゃ2本買えちゃう金額ですからね…。夏場じゃ何本も買うようじゃかなりの出費に!

それだとやはり飲み物は持ち込む方がコスパがいいですよね♪

また持ち運びやすさがいいというメリットやペットボトルホルダーを使ってのおすすめの持ち運び方、ホルダーの選び方のポイントなどを紹介していきます。

目次

ディズニーは飲み物の持ち込みは何本でも可能!

ディズニーのパーク内は飲み物の持ち込みは何本でも可能です!ただし、持ち込みが可能なのは水筒とペットボトルに限ります。

ディズニー内に飲み物を持ち込む際には制限があるように、次のように禁止されていることもあるのでしっかりチェックして行きましょう!

飲み物の持ち込みに関して禁止されていること
  • 持ち込んでいるものが水筒、ペットボトルであっても中身が酒類の場合は持ち込み禁止
  • 缶、ビン類自体の持ち込みが禁止となっているので飲み物であっても持ち込み禁止

ディズニーという場所がいくら夢の国と言われているところでもルールはルールです。

“何本まで“といった細かいところまで書かれてはいませんが、持ち込むにも常識範囲と言ったところは守るべきです。

極端な例えですが、絶対にパーク内では買いたくない!という考えから、家族分の飲み物を大きいボストンバックにめいいっぱい入れて持ち込む…。

なんて状態、大体の人が見たら『え?』って思うようなことですよね。いくら何本という決まりがないとは言え、モラルは考えて行動しましょう!

場内に入る時には手荷物検査をちゃんと受け、バレなきゃ大丈夫!という考えではなくしっかり決められたルールを守って楽しいお出かけにしましょうね♪

ディズニー自販機は値段が200円!持ち込みがおすすめ

ディズニー内の自販機などでペットボトル飲料を買うと全て200円という値段で設定されているため、飲み物は持参するのがおすすめです!

また、水筒も持ち込みが可能ですがペットボトルの方がおすすめです。

飲み物の持ち込みにペットボトルをおすすめする理由
  • パーク内でペットボトルを買うとコスパが悪い
  • ペットボトルなら個々での持ち運びが楽にできる
  • 凍らせて持ち込むことで保冷剤代わりにできる

この3つの理由を知ったら、ペットボトルは絶対持ち込みして行こうって思っちゃいますよ♪では、詳しく見ていきましょう!

パーク内でペットボトルを買うとコスパが悪い

パーク内でのペットボトル飲料の飲み物は一律200円と値段が設定されているので、スーパーやドラッグストアなどで売っている物よりかなり割高です。

ちなみにパーク内で買うペットボトルは割高だけど、ディズニーキャラクターデザインの限定ラベルなの♪

ペットボトル飲料は商品にもよりますが、ドラッグストアなら安ければ500mlのペットボトルは100円もせずに買えちゃいますよね。

したがって、ざっくり計算してみると、家族全員分を現地で買うのと同じ金額を出せば、な…な…なんと持ち込みで倍の数を買えてしまうのです!

持ち込むにあたって本数に制限がないので重たすぎない程度に持ち込みするのがコスパ的には圧倒的に良いと言えるでしょう。

ちなみに、ペットボトル飲料は自販機とワゴンでの販売となっています。

ワゴン販売のペットボトルも値段は200円と統一されています

ディズニーランドでは自販機が9台、ディズニーシーでは5台設置されています。詳しい場所などはディズニーの公式アプリを使えば確認ができますよ!

Tokyo Disney Resort App
Tokyo Disney Resort App
開発元:Oriental Land Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

ペットボトルなら個々での持ち運びが楽にできる

持ち込みは確かにいいんだけど、まとめて持つとなかなか重いのよね…。

家族分の飲み物を持ち込むと始めは重くてちょっと大変というイメージですが、ペットボトルなら個々での持ち運びが楽にできるのでおすすめです!

水筒でも個人個人で持てますが、ペットボトルの方が水筒に比べてかさばらないのと重さが多少でも軽いので持ち運びやすいです。

またディズニーは移動は歩いて移動するのが何かとメインになってくるので、自分でパッと取り出してすぐに飲める形が理想的ですよね。

また、ペットボトルは飲みかけでもしっかり蓋をして残せておけるので持ち運びに最適!

そこでより一緒に使うのにおすすめしたいのがペットボトルホルダーです。

ホルダーを使うことでひとりひとりが自分の飲み物を持って歩くことができ、お父さん、もしくはお母さんが何本も持つ必要もなくなり負担も軽くなります!

ホルダーは100均でも簡単に手に入れることができますし、ストラップなどにつければ幼稚園ぐらいのお子さんでも自分の分は持って歩けちゃいますね♪

また、ペットボトルにしておくことで飲み終わったあとはパーク内のゴミ箱に捨てることもできるので、“無駄に物を持っていなきゃいけない“なんてことも防ぐことができます。

ペットボトルホルダーはディズニーのパーク内にも販売しています!(ちょっと高いけど…)

凍らせて持ち込むことで保冷剤代わりにできる

ペットボトルの中身を凍らせて持ち込むこともできるため、保冷剤として活用もできるのでペットボトルの持ち込みはおすすめです!

これは特に夏場のディズニーには保冷バッグに1本入れておくのがおすすめの方法です。

保冷バッグの中を冷やしておくためという用途にも最適ですが、意外と使えるのが人の身体を冷やす保冷剤としても最適!

凍らせたペットボトルをホルダーを使ってそのまま自分の首や肩からかけておけば、ひんやりと身体を冷やしてくれますよ♪(もちろん直接身体に当ててもOK!)

うちは以前、子供がパーク内で走ってて頭をぶつけちゃったことがあってその時に冷やすものとしても使えたわ〜!

冬以外の季節でしたら、ディズニーに行けば大体1日時間を使うので凍らせて持っても最後には飲めることは間違い無いので、1本ぐらい持って行くといいかもしれませんね♪

ディズニーの飲み物持ち込みはペットボトルホルダーを

ディズニーに飲み物の持ち込みをする際には、ペットボトルホルダーがあるととても便利です!

そんな便利なペットボトルホルダーを購入するのに、3つの選び方のポイントがあります!

ペットボトルホルダーの3つの選び方のポイント
  1. 手に持たなくても運べる形のもの
  2. 保冷効果があるもの
  3. 結露防止効果があるもの

この3つのポイントを抑えることでディズニーへ行く際、飲み物を持ち込みをして歩きやすくなること間違いなし!そんなポイントをひとつひとつ見ていきましょう。

①手で持たなくても運べる形のもの

ペットボトルを手に持たなくても運べる形のペットホルダーは両手が空けることができるので選ぶポイントとしてはとても大切です!

なぜなら、ディズニーのように歩いて移動をするような場所では手が空いている方が良い場面があるからです。

手が空くことのメリット
  • 転倒した時など咄嗟の時にすぐに手が出せる
  • 急な荷物が出来てもしっかり持てる

手に持たなくても良い形のペットボトルホルダーでおすすめがあります!

それはストラップタイプとカラビナタイプの2つです。この2つのタイプのペットボトルホルダーのどこがいいのか?一緒に見ていきましょう。

ストラップタイプ

首や肩からかけられるストラップタイプは、ある程度の年齢のお子さんなら自分の分を持って歩けるので大変おすすめです。

これなら親御さんが飲み物をいくつも持って重い、なんていう思いをせずにディズニーを楽しめますね♪

また身体の一部からかけておくことで、飲む時にもペットボトルを落としにくくなるというメリットもあります。

ただし、ディズニーのアトラクションに寄っては首もしくは肩からかけているものは外さなければ乗れないものもあります。

そういった外したりつけたりをする場面もあることは頭に入れておきましょう!

そんなストラップタイプでおすすめなのがこちらのペットボトルホルダーです。

保温保冷効果がある生地を使っているためオールシーズン使えますし、また結露や水滴がつきにくい素材になっているのでカバンに入れたりするにも安心♪

柄も10種類から選べるので、大人から子供まで気に入った物を選べますよ!

カラビナタイプ

携帯とかも首からかけているからこれ以上何かをかけるのはなぁ…。

そんな方には2つ目のおすすめ、カラビナと呼ばれる形のペットボトルホルダーを活用しましょう!

カラビナとは開けたり閉じたりできる部分がついている金属のリングを指します。元々は登山道具として作られたものなんですよ!

これがペットボトルホルダーとしてもここ最近は活用されているのです。

使い方も簡単で、開閉する金具部分と一緒に丸く穴が空いているパーツがついているのでそこをペットボトルの飲み口付近にはめてセットします。

そして、金具の部分をベルトループにつけて腰からぶら下げたり、リュックなどのカバンにもつけてペットボトルを運ぶことが出来ます!

“え、それってなんかペットボトル落ちそう…”という印象がある方も多くいるかと思います。

しかし、カラビナは登山用で作られているものなので普通に歩く分には全然問題なく使えます!

また、意外に身体にフィットしている状態になるので抵抗が少ないので思っているよりも重さなども感じないようです。

そんなカラビナタイプのペットボトルホルダー、おすすめ商品はこちらです。

カラビナタイプはペットボトルの付け方が難しいと聞くことがありますが、この商品は差し込むタイプの形なのでペットボトルのつけ外しが楽にできますよ!

これなら持ち込みをした飲み物がなくなって新しい飲み物に変える時にも安心ですね。

ディズニーの公式グッズにもカラビナタイプ(ネックストラップ付きもあるよ〜)の取り扱いもありますよ

②保冷効果があるもの

暑い時期は特にですが、保冷効果があるペットボトルホルダーを使うことをおすすめします。

ディズニーへ遊びに行けばほとんどの人が長時間いることが多いと思いますので、冷たい状態をなるべく長く持たせたいとなるとこれは必須ですよね。

また、意外と冬場でも冷たい飲み物って欲しくなるんです…。

なぜかというと、ディズニーのアトラクションの一部は実際に乗り物に乗るまでに屋内に並んで待っている状態になることがあります。

そうすると、寒い季節の場合は外が寒いため結構防寒対策をした状態でディズニーに行くことになり、そういった屋内に入ると段々と暑く感じるケースが出てくるのです!

そうなると、ある程度でも冷えている飲み物の方が水分補給としては嬉しいですもんね♪

③結露防止効果があるもの

結露の水滴で周りのものが濡れないよう、結露防止効果があるものを選びましょう!

長時間いることで結露の状態も長ければ長いほど、そこに触れている衣類やカバンなども濡れてきてしまいます。

また、意外と気づいていないところで他のゲストの人にもその結露の水滴がついてしまっているなんてこともディズニーの人の多さでは十分にあることです。

そういった他の人の迷惑にもならないように結露しても濡れないように防止効果があるものにしましょう。

まとめ

  • ディズニーに飲み物を持ち込みするのに何本までという本数の制限はない
  • 飲み物を持ち込みするには水筒、ペットボトルならOKだが中身にお酒類はNG
  • ディズニー内での自販機んどで購入できるペットボトルは一律200円と割高なので、持ち込みすることでコスパ的に安く済ませることができる
  • 持ち運びやすさ、飲みやすさ、軽さなどそれぞれ各自で持つのにペットボトルはおすすめ
  • ペットボトルの中身を冷やして固めて持っていくと保冷剤代わりになる
  • ディズニーにペットボトルを持ち込む場合はペットボトルホルダーを使うのがおすすめ
  • 首や肩からかけられるもの、ベルトループやカバンに付けられるカラビナタイプのペットボトルホルダーだと両手が空いて色々と便利に持ち運べる
  • 保冷効果や結露防止効果があるホルダーを使うことで、より快適にディズニー内で水分補給ができる

ディズニーをより楽しく過ごすためにも定期的に水分をしっかりと取ることは大切なポイントになってきます。

そのためにも、何本と持ち込みに制限がない分、飲み物はペットボトルなどで適切な量を用意して行きましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる