フライパンのテフロンは復活する!寿命と長持ちさせる方法をご紹介!

いつも使っているフライパンのテフロンのコーティングが剥がれてきたのか、汚れのせいなのか、フライパンに食材がこびりつくとお悩みではありませんか?

フライパンのテフロンはフッ素樹脂で加工しているので、1度剥がれてしまうと復活させるのは難しいとされています。

しかし、フライパンのテフロンコーティングを復活させる方法があります!

フライパンの表面を熱いお湯で洗う、自分でフッ素加工をする、業者にフッ素加工をしてもらう、などの方法でテフロン加工を復活させられるのです。

出来ることなら長い間、自分にあったフライパンで調理を楽しみたいですよね。

他にもフライパンの種類ごとの寿命やフライパンを長持ちさせる方法を紹介いたします!

諦めようとしていたあなたやフライパンを長持ちさせたいと思っていた方の参考になれば嬉しいです♪

自分でフッ素加工をする場合には、安心して使えるフッ素を使いたいですよね。

フッ素革命11は口にしても無害で食品衛生安全基準を満たしているため、安心して使うことができますよ♪

キッチン用品やキャンプ器具など幅広く使えるのも嬉しいポイントです。

目次

フライパンのテフロンを復活させる3つの方法を紹介!

フライパンのテフロン加工を復活させるには、熱いお湯をかけてフライパンを洗う方法や自分でフッ素加工する方法、プロにお願いする方法の3つがあります。

まだ新しいテフロン加工のフライパンを使用していて、食材が焦げてしまった時やこびりついてしまった時、テフロンに傷がついてしまった時に役立つ方法ではないでしょうか。

試してみて、フライパンのテフロン加工が復活するといいですね!

1熱いお湯を使ってフライパンを洗う!

フライパンのテフロンに傷などの異常がないのに食材が焦げ付く場合、フライパンに油汚れが残っているために焦げ付いているのかもしれません。

その油汚れを落とすフライパンの洗い方をみてみましょう!

フライパンの洗い方
  • フライパンに7割くらいの熱いお湯を入れる
  • 中火で沸騰させ30秒~1分ほど煮たたせる
  • その後中性洗剤を使って優しく洗う

中火で沸騰させることにより、油汚れが浮いてきて取れやすくなります。

中性洗剤で洗う際は、柔らかいスポンジを使用しましょう!

注意点

研磨剤入りのスポンジを使用し強い力で擦るとフライパンの表面に傷ができ、テフロンをダメにしてしまいます。

フライパンの洗い方を守ることで油汚れが綺麗に落ち、テフロン加工を復活させられるのです!

2フライパンに自分でフッ素加工を施す!

テフロンの表面が傷ついてしまった場合や、剥がれてしまっている場合は自分でフライパンにフッ素加工をして復活させる方法があります。

「フッ素革命11」という商品があり、自分で簡単にフッ素加工ができる簡易フッ素加工剤です。

フッ素革命11の使い方
  1. フライパンの表面の汚れを上記のようによく落とす
  2. フッ素革命11をスポンジに1~2スプレーし、均等に塗り拡げる
  3. 乾いた布で表面の白くなった部分を拭き取る
  4. 弱火で5秒ほど加熱する
  5. 水洗いをして完成

フッ素革命11を塗ると汚れがつきにくくなり、フライパンのテフロン加工を復活させてくれます。

「フッ素化革命11」を使えば、あなたのフライパンも簡単にテフロン加工を復活させられますよ!

傷ついたフライパンに1~2プッシュするだけの工程で完了します。

人にも環境にも優しい素材なので安心して使えるのも嬉しいですね。

3業者にフッ素加工をお願いする!

テフロンのフライパンを復活させる方法の3つ目はフッ素加工を業者に依頼することです。

大きさにもよりますがフッ素加工の料金は1,400円〜4,800円でさらに送料がかかります。

加工されて手元に戻ってくるまでに1ヶ月程度掛かってしまうそうです。

業者に依頼する場合、結構な費用と時間がかかってしまいますよね。状況によっては新しいフライパンを購入やご自身でフッ素加工をするか考えてみても良いかも知れません。

フライパンのテフロンの寿命はどれくらい?

テフロン加工のフライパンを新品で購入した場合、寿命はどれくらいなのかご存知でしょうか?

テフロン加工がされたフライパンで【1年~2年】。その他にも、加工をされたフライパンと何の加工もされていないフライパンでは寿命に違いがあります。

「私は短くて金額が安くていいわ!」と思われる方はテフロン加工されたフライパンを、「長く愛用したいの!」という方にはコーティングされていないフライパンをおすすめいたします♪

フライパンの寿命を知り、自分にあったフライパンが見つかるといいですね!

テフロンの加工がされたフライパンの寿命

テフロンとはフライパンの表面をフッ素樹脂で加工したもので、テフロン加工されたフライパンの寿命は【1年~2年】と短いです。

寿命が短い理由は、フッ素樹脂が熱や摩耗に弱いためで、加工が剥がれてきたと思ったら、買い替えを考えていいでしょう。

テフロン加工(フッ素樹脂)のフライパンの寿命
  • 1年~2年

他のコーティングで加工されたフライパンの寿命

ダイヤモンド加工の場合の寿命は【2〜3年】、マーブル加工の寿命は、【1〜3年】と言われています!

ダイヤモンド加工はフッ素樹脂にナノダイヤモンドを混ぜることで、熱や摩耗に強くなりテフロンのフライパンよりも長く使えるのです。

マーブル加工も、テフロンの一種で、1層より2層、2層より3層といくつもの層を重ねるほど長く使えるといわれています。

他のコーティング加工されたフライパンの寿命
  • ダイヤモンド加工は2〜3年
  • マーブル加工(大理石、ストーン)は2~3年

食材がくっついてしまうなど本来そのフライパンが持つ機能性が低下してしまうことから、【2年】で寿命を迎えてしまうことが多いです。

寿命を迎えたフライパンのコーティングが剥がれて食品に混入したまま使い続けると健康面でも良くないため処分したほうが良いでしょう。

鉄や銅製のフライパンの寿命

鉄製や銅製のフライパンは、使い方によっては半永久的に使えるといわれています。

しかし、銅製のフライパンは、価格が高く酸味のある食材を調理しない方がいいという注意点があります。

注意点があるものの、気をつけて使用すれば鉄製や銅製のフライパンは「一生モノ」として長く使える素材であると言えるでしょう!

鉄や銅製のフライパンの寿命
  • 鉄製は半永久的
  • 銅製は半永久的

他のコーティングされていないフライパンの寿命

サビが出にくく、傷にも強いなど、色々な特徴をもつステンレスやアルミ、チタンのフライパンは】10年】程と言われています。

コーティングがされていないため、食材のこびりつきなど注意が必要です。

しかし、しっかりとお手入れをしてあげることで【10年】持つことから長持ちなフライパンだと言えるでしょう。

他のコーティングされていないフライパンの寿命
  • ステンレスは10年程度
  • アルミ10年程度
  • チタン10年程度 

フライパンの素材や加工の仕方で寿命が違うのがわかりましたよね!

あなたは寿命を知って、どのフライパンがいいと思いましたか?

あなたの使い方に合ったフライパンが見つかると嬉しいです!

フライパンのテフロンを長持ちさせる5つの方法

フライパンのテフロンを長持ちさせるには、フライパンの使い方に気を付けなくてはいけません!

高温で空焼きをする事やあつあつ状態のフライパンを水に浸けるなどすると、長持ちするどころか、テフロンの寿命を短くしてしまいます。

せっかく新品のテフロン加工のフライパンの寿命を知ったのですから、できるだけ大事に長持ちさせられるといいですよね。

長持ちさせるために守る5つの事を書き出してみました!

長持ちさせるために守る5つの事!
  1. フライパンの空焼きや空炊きをしないこと
  2. 調理器具は鍋肌に優しいものを!
  3. 調理ができたらお皿や別の容器に入れる!
  4. 調理後にフライパンを水で冷やしてはダメ!
  5. 調理後のフライパンの洗い方は優しく!

では、テフロンを長持ちさせる方法を詳しくみてみましょう!

いつもの使い方を一気に変更するのは難しいと思いますが試してみる価値はあると思いますよ♪

フライパンの空焼きや空炊きをしないこと!

テフロンのフライパンに使われているフッ素樹脂のコーティングは、高温に弱く空炊きすると、コーティングが剥がれやすくなり、寿命を早めてしまいます。

テフロンのフライパンを使うときは火にかける前に油を入れて中火で使うようにしましょう。

 大きなフライパンで調理した場合、食材が乗っていない部分が空炊き状態になりやすいので、分量に合わせたサイズのフライパンを使ってください!

調理器具は鍋肌に優しいものを!

金属や先が尖った物でテフロン加工のフライパンに使うと、表面のコーティングに傷を付けてしまいます。

竹や木などの素材や、シリコンやナイロン素材の柔らかい物を使うのがいいでしょう。

フライパンのパッケージに「金属ヘラOK」の表示があってもなるべく使用しない方が長持ちするといえます。

調理ができたらお皿や別の容器に入れる!

料理をフライパンに入れたまま、長時間放置してしまうと、料理の水分などが下地の金属部分を傷めてしまいます。

そうすることで、コーティング部分が剥がれ、浮き上がるなどして傷んでしまいます。

料理を保存する場合はフライパンではなく、別の容器に移しましょう。

調理後にフライパンを水で冷やしてはダメ!

調理後のあつあつ状態のフライパンを水で冷やすとフライパンの表面のコーティング部分が傷んでしまう原因となるのでしてはいけないのです!

調理後すぐに冷やすのではなく、しばらくフライパンを置いて冷めてから洗うようにしましょう。

調理後のフライパンの洗い方は優しく!

研磨剤が入っているスポンジは使わないで、柔らかいスポンジで優しく洗ってください。

テフロンのフライパンはコーティングを傷つけないことが大切です。

研磨剤入りのスポンジで洗ってしまうと表面が傷つき寿命を短くしてしまいます。

柔らかいスポンジで洗っても汚れが落ちない場合は、上記にある「フライパンのテフロンを復活する方法」の洗い方を試してみてください。

上記の方法どれか1つずつでもいいので、あなたができる方法でフライパンを長持ちさせてあげてくださいね。

まとめ

  • フライパンのテフロンを復活させるには、熱いお湯を使って汚れを落としてみる
  • それでもダメな場合、自分でフッ素加工を施す、業者にフッ素加工を依頼する方法がある
  • テフロンの加工が施されたフライパンの寿命は【1年~2年】他のコーティングされたフライパンも同じか少しだけ長い
  • コーティングされていないフライパンは【10年~半永久的】と寿命が長い
  • フライパンを長持ちさせるには、空炊きや空焼きはしない、調理後すぐフライパンに水を掛けないなどテフロンに負荷を与えない
  • フライパンを長持ちさせるにはテフロンに傷を付けないよう尖ったものや研磨剤入りのスポンジでは洗わない

フライパンは洗い方で復活する場合とテフロンを再加工することで復活することがわかりましたよね。

そして、新品で買ったテフロン加工のフライパンの寿命は【1年~2年】ほどだということも。

フライパンのテフロンを長持ちさせる為に、フライパンのテフロンに負荷を与えず優しい素材の調理器具を使用し、優しくスポンジで洗うこともわかりました。

全てのやり方を真似るのは難しく少々めんどくさいと感じると思います。

しかし、いつも使う調理器具だからこそ、ストレスなく使用したいですよね。

固く尖った素材のものから傷つけにくい素材に替えるなどあなたが真似しやすい方法から試してみるなどしてみてはいかがでしょうか。

フライパンのテフロン加工にはもちろん、その他のキッチン用品や車の汚れ防止など幅広く使える「フッ素革命」。

魔法のフッ素とも言われるこの商品があれば、あなたのお悩みもきっと解決しますよ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる