学習机にカーペットが必要なのはなぜ?サイズや商品の選び方もご紹介!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

入学に向けて学習机を買ったけど、カーペットって必要なの?

子どもの勉強するスペースとして学習机を使用する場合は、カーペットは必要になります。

学習机による床の傷を予防する、物を落としたときの傷を防ぐことができる、カーペットを敷くとリラックス効果が期待できるという3つメリットがあるためです。

私の子どもは宿題中にお茶を飲んで、よくコップを落としますが、カーペットがあることで床に傷がつかず、コップも割れてません。

しかし、闇雲に敷いたらいいというわけではありません。

学習机用のカーペットを選ぶポイントを知らないと、勉強に集中できなくなったり、健康被害を受けたりする可能性もあります。

カーペットの必要性を理解し、学習机にあったものを選ぶことで、より良い学習環境を整えることができますよ。

簡単に汚れが落ちると嬉しいですよね。こちらはスプレーするだけで、カーペットのシミがきれいに取れる優れものですよ。

目次

学習机にカーペットは必要!3つのメリットとデメリットも

学習机の下にはカーペットが必要です。特に賃貸住宅に住んでいる場合は、敷くことをオススメします。

学習机の下にカーペットが必要な理由は3つあります。

  • 学習机による床の傷を防ぐことができる
  • 物を落としたときの傷を防ぐことができる
  • カーペットを敷くことによるリラックス効果がある

学習机の下にカーペットを敷く必要性を知っていきましょう。

メリット①学習机による床の傷を防ぐことができる

床に傷をつけたくないときには、カーペットを敷くことで防ぐことができますよ。

学習机は重いものが多く、長い時間学習机を置いておくことにより、床がへこんでしまいます。

また、椅子を動かしたときにも、床に傷が入ってしまいます。

特に回転式の椅子は、車輪の回転により傷ができやすいです。

賃貸住宅に住んでいる場合は、床に傷があると、退去する際に修繕費として請求されてしまう可能性があるため、カーペットは必要ですね。

メリット②物を落としたときの傷を防ぐことができる

カーペットを学習机の下に敷くことで、物を落とした時の傷も防ぐことができます。

学習机の上には、鉛筆削り器や筆記用具などが置いてありますよね。

特に低学年の子どもは、机の上にあるものをよく落としませんか?

私の子どもはよく、宿題しているときに腕があたり、筆箱をおとしています。

そんなときに、カーペットを敷いていないと、床に傷がついてしまいます。

敷いていることにより、衝撃が緩和され、床の傷を防ぐことができますよ。

また、落としたものも壊れにくくなるため、よく物を落としてしまう子どもにはカーペットは必要です。

メリット③カーペットを敷くとリラックス効果がある

カーペットはフローリングと比べるとリラックス効果が高いと言われています。

カーペットは、足裏に伝わる感触がやわらかいので、リラックスできるようです。

集中して勉強するためにも、リラックスできる環境作りが大切ですよね。

もし、子どもが勉強に集中できてないと感じたときは学習机の下にカーペットを敷いてみましょう。

特に、集中力を上げる効果として寒色のカーペットに選ぶことで、子供の集中力アップが期待できますよ。

デメリット①カーペットが汚れた時の掃除がしづらい

カーペットを敷くことにより、汚れが目立たなくなります。

しかし、よく見てみると、ホコリや髪の毛、お菓子の食べかすなどで汚れています。

フローリングだと、掃除機や拭き掃除で簡単に掃除ができますが、カーペットは掃除機だけでは汚れを落とすことが難しい場合があります。

特に、ジュースなどの液体をこぼしてしまうと、洗濯しないといけません。

しかし、簡単に洗濯できるものでもないので大変な思いをしてしまいますね。

対策として、掃除機をかけ、埃や髪の毛などの目に見えやすい汚れは除去することが大切です。

しかし、掃除機ではなかなか髪の毛などのゴミを除去することができません。

そのような時には、100均などで売られているゴム手袋で、カーペットをなでるだけで髪の毛などのゴミを除去することができますよ。

デメリット②椅子を動かす時にカーペットがめくれる

サイズが小さいものを選ぶと、椅子を出し入れしたときに、カーペットがめくれてしまいます。

カーペットがめくれる回数が多いと、イライラしてしまいますよね。

対策として、机にあったサイズを選ぶことが大切です。

学習机の一回り大きなカーペットを選ぶと良いでしょう。

また、滑り止めがついているものを選ぶことも、カーペットがめくれることを防止してくれますよ。

デメリットをよく知り対策することにより、よりよい学習環境を整えていきましょう。

洗濯できないカーペットでも、こちらのクリーナーを使えば傷めることなくシミを落とすことができますよ。

学習机のカーペットサイズの選び方を知ろう!

学習机のカーペットは、床の傷を予防するためにも、椅子と机のどちらも入るサイズを選ぶことが重要です。

カーペットのサイズとしては、(机の幅+20cm)×(机の奥行き+80cm)を選ぶと良いでしょう。

学習机の下に敷くことにより、床の保護が目的になるため、一回り大きなサイズにすることがオススメですよ。

学習机のサイズは、一般的には幅100~110cm、奥行60~70cmになります。

椅子を動かすことを考え、机の奥行き+80cmの長さにすると丁度よいサイズになります。

しかし、学習机用のカーペットは、110cm×130cmのものが多いようです。

サイズを重視して購入するためには、ジョイントマットやカットできるカーペットを選ぶと良いでしょう。

学習机のカーペットの選び方5選!オススメ商品も紹介

部屋にあった学習机の下に敷くカーペットの選び方がわからない。

学習机の下に敷くカーペットを選び方のポイントが5つあります。

  • アレルギー予防にはナイロン素材のものを選ぶ
  • 水濡れや物音対策には撥水性や厚みのあるものを選ぶ
  • 子どもの年齢にあったデザインのカーペットを選ぶ
  • お手入れを重視する場合は、ウール素材のものを選ぶ
  • サイズを重視する場合は、タイルカーペットを選ぶ

この5つのポイントを知ることで、子どもにあった学習机用のカーペットを選び方ができますよ。

アレルギー予防にはナイロン素材のものを選ぶ

学習机の下に敷くカーペットは、遊び毛の量が少ない化学繊維が使用されているナイロン素材のものを選びましょう。

遊び毛はカーペットを作る際にパイルをカットすることで発生します。

この遊び毛や埃の影響でアレルギー症状が出てしまう子どももいるようです。

このようなリスクを予防するためにも、できるだけ遊び毛の少ないカーペットが良いでしょう。

素材のなかでも、ナイロンやポリプロピレンといった化学繊維が使用されているカーペットはおすすめです。

ナイロン素材は摩擦に強いため、椅子を動かしたときにもカーペットが破れる心配が減ります。

化学繊維が使われているカーペットの中には、中生地にウレタンを使用し、歩いたときにふんわりとした感触になるものがあります。

このウレタンが使用されているものは、椅子が動かしにくいことや、学習机の重さによりカーペットに跡が残りやすいため、オススメしません。

こちらの商品は、遊び毛防止、防ダニがあるため、アレルギーのある子どもにオススメですよ。

水濡れや物音対策には撥水性や厚みのあるものを選ぶ

学習机を置くと、子どもがお茶などをこぼしてしまったり、物を落としてしまったりすることがあります。

それを予防するためにも、撥水機能があり厚みのあるカーペットを選ぶと良いでしょう。

厚みのあるものを選ぶことで、物を落としたときの音を小さくしてくれたり、床への傷を防止してくれます。

また、勉強に集中させるためにも、学習机周囲は綺麗に保っておきたいですよね。

私の子どもも宿題中にお茶をこぼしてしまったり、消しゴムのゴミが落ちていたりしています。

散らかった環境だと、勉強の効率は悪くなると言われています。

掃除がやりやすい工夫としては、撥水機能があるカーペットを学習机の下に敷くことがオススメです。

カーペットが汚れても、雑巾などで拭くことですぐに綺麗にすることができます。

よくカーペットを汚してしまう場合には、すぐにお手入れができる撥水機能があるものにすると便利ですよ。

カーペットを敷くと、圧迫感がでてしまいそうですが、こちらの商品はフローリング様のデザインであるため、広々とした空間になりますよ。

子どもの年齢にあったデザインのカーペットを選ぶ

子供の年齢に合わせて、勉強できる環境を作るためにも、子どもの年齢に合わせたデザインのカーペットを選びましょう。

子どもの好きなキャラクターのカーペットは、低学年までのほうが良いでしょう。

低学年は、勉強をする意欲を育てることが大切であるため、モチベーションをあげるためにも、好きなキャラクターでもいいと思います。

しかし、高学年以降になると、無地で落ち着いたデザインのものがオススメですよ。

学習机の下に敷くカーペットが、明るすぎる色であったり、たくさん色を使っているものだと、勉強に集中できないからです。

子どもの集中力アップの効果がある色としては寒色がいいと言われています。

特に水色は男女ともに人気カラーであるため、おすすめの色のひとつです。

落ち着いた色が選べ、洗濯もできるこちらの商品は、勉強への集中力を高めてくれそうですね。

お手入れを重視する場合は、ウール素材のものを選ぶ

お手入れを簡単にしたい場合は、天然素材であるウール製のカーペットがおすすめです。

汚れにくく、水分をはじきやすい素材なので毎日しっかり掃除をしなくても清潔さを保つことができますよ。

湿度を調整する機能があるので、夏は涼しく、冬は暖かく、子どもが快適な環境で勉強に集中できます。

天然素材なので、環境にも優しいのも好ポイントです!

カーペットは子どもが直接触れるものなので、安全安心なものにしたいですよね。

ウールカーペットはお値段が高いですが、こちらの商品は高品質のものをリーズナブルに購入できそうですよ。

インテリアあき楽天市場店
¥3,990 (2023/04/30 10:25時点 | 楽天市場調べ)
\楽天お買い物マラソン実施中!!/
楽天市場

サイズを重視する場合は、タイルカーペットを選ぶ

学習机にあったサイズが見つからない場合は、タイルカーペットがおすすめですよ。

学習机カーペットの多くは、110cm×130cmのものが多いようです。

学習机の大きさによっては、少しサイズが小さいと感じると思います。

しかし、タイルカーペットにすることにより好きなサイズにカットができるので、ぴったりなサイズになります。

注意点としては、タイルカーペットはズレやすいものが多いです。

タイルカーペットを学習机の下に敷く場合は、滑り止めがついているタイプのもの、もしくは滑り止めを下に敷くと良いでしょう。

まとめ

  • 床の傷を予防する、物を落としたときの傷を防ぐことができる、リラックス効果があるという3つメリットがあるため、学習机の下にカーペットは必要である
  • 椅子を動かした時にカーペットがめくれてしまうこと、掃除がしにくい場合があるというデメリットがある。
  • カーペットのサイズとしては、(机の幅+20cm)×(机の奥行+80cm)を選ぶと良い
  • 学習机用のカーペットを選ぶポイントは、5つある
  • アレルギー予防にはナイロン素材のカーペットを選ぶ
  • 水濡れや物音対策には撥水性や厚みのあるものを選ぶ
  • 子どもの年齢にあったデザインのカーペットを選ぶ
  • お手入れを重視する場合は、ウール素材のものを選ぶ
  • 学習机に合うサイズが見つからない場合は、タイルカーペットがおすすめである

学習机の下にカーペットを敷くことで子どもの集中力が上がるのであれば、ぜひ敷く必要がありますね。

学習机の下に敷く場合は、様々なデザインのものがあるため、子どもと相談して選ぶのがいいですね。

子どもが勉強できる環境づくりとして、学習机の下にカーペットを取り入れてみて下さいね。

こちらのクリーナーは一本三役。カーペットやソファー、エアコン掃除もできます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる