ジョイントマットの捨て方は粗大ゴミか燃えるゴミ!!リサイクルもOK!

あなたの住んでいる自治体の、ジョイントマットの捨て方はご存じですか?

ジョイントマット…って粗大ゴミ?燃えないゴミ?いや、燃えるゴミ?分からない!となる人が大半かと思います。

ジョイントマットは、粗大ゴミか燃えるゴミとして扱われている自治体がほとんどです。(ごく稀に燃やせないゴミの自治体もあるみたいです)

多くの自治体ではジョイントマットのサイズによって、捨て方が決められていますよ。

そのため自治体の決められた捨て方を守らないと、ジョイントマットを回収してもらえません!

この記事では、ジョイントマットの粗大ゴミ燃えるゴミの基準やリサイクル、ジョイントマットの捨て方がプラスチックではない理由を詳しく解説しています。

ジョイントマットの捨て方で悩んでいたあなた、この記事を読めばすっきりジョイントマットとお別れできますよ。

  

  

目次

ジョイントマットの捨て方は粗大ゴミか燃えるゴミ

ジョイントマットの捨て方は粗大ゴミか燃えるゴミになります。

ゴミの出し方で気をつける所
  • 粗大ゴミになるかはジョイントマットのサイズによって決まる
  • 燃えるゴミとして出すには袋に入る大きさにジョイントマットを切る

ジョイントマットのサイズによって捨て方が粗大ゴミか燃えるゴミのどちらかになるので、自治体のゴミのパンフレットなどを見て確認しましょう。

パンフレットを読んでも、分からないという時は自治体に電話して確認すると良いと思います。

(ごく稀にジョイントマットを、燃やせないゴミとして扱っている自治体もあるみたいなので気をつけてくださいね!)

  

粗大ゴミになるかはサイズによって決まる

ジョイントマットはカーペット類の捨て方と一緒でいいのか、別なのか、決められた1辺の長さがあるのかを確認してください!

多くの自治体は、1辺の長さが30~50cm以上を目安に粗大ゴミにしているところが多いみたいです。(詳しい例を横浜市で挙げているので見てみてください!)

粗大ゴミとしてのジョイントマットの捨て方は、自治体ごとのゴミ捨てのルールを守って廃棄しましょう。

粗大ゴミですから〇枚まで500円という風に手数料がかかる所もあるみたいです。

ちなみに、私の住んでいる所は、畳一枚分(182cm×91cm)の大きさなら粗大ゴミは無料で回収してくれます(月1回の回収で1世帯1枚のみです)

  

燃えるゴミは袋に入る大きさに切る

ジョイントマットがカッターで切れるのであれば、切って燃えるゴミの袋に入れて捨てます。

ジョイントマットは多くの場合、燃えるゴミとして捨てられるます。

プラスチックマークのついていないプラスチック製品は燃えるゴミとして扱われます。プラスチックについて詳しくはこちらに書いてあります。

粗大ゴミほどお金はかからなくていいですよね!(指定の燃えるゴミの袋のお金はかかりますが…)

私の住んでいる所は、カーペット類は燃えるゴミなのでジョイントマットは燃えるゴミになります。

ジョイントマットの捨て方は、自治体のゴミ捨てのルールを守らないと、回収してくれないので注意してくださいね。

  

  

ジョイントマットの捨て方を横浜市で例にしてみると

ジョイントマットの捨て方として横浜市を例に挙げて、お伝えしますね!

  • 一番長い辺が、金属品で30cm以上のもの、それ以外(プラスチック、木製品など)は50cm以上のもの
  • ジョイントマットは、一番長い辺が50cm以上なら粗大ゴミで、50cm以下なら燃えるゴミ
  • ジョイントマットを粗大ゴミとして捨てる時は、手数料500円を支払う(カーペットとして)

ジョイントマットの捨て方を横浜市で調べてみると、上のように出てきます。

これを読むと、ジョイントマットは基本的に燃えるゴミと思っていただければいいかなと思います!

燃えるゴミの袋は指定ではなく透明、半透明の袋でOKと書いてあります。スーパーの袋でも大丈夫ということですね。(2022年3月現在)

横浜市に住んでいる人は、ゴミ袋は指定料金がかかりませんね!私の所は市区町村名が書かれている指定のゴミ袋(65cm×80cm、10枚170円ほど)でなければ回収してくれません…

横浜市は一番長い辺が50cm以上のジョイントマットは、粗大ゴミとして捨てると書いてあります。

他の自治体では1辺の長さが30cmで粗大ゴミになる場合があるようです。(30cmって結構厳しいですよね…)

横浜市のジョイントマットを粗大ゴミとして捨てる時の手数料は、『カーペット』として500円かかります。

最初の粗大ゴミ、燃えるゴミで書いたようにジョイントマットがカッターで切れるのであれば、切って燃えるゴミとして捨てるのが良いと思います。

横浜市はカーペットも50cm以下なら燃えるゴミとして捨ててOKです。カーペットが小さくても粗大ゴミと思わなくて大丈夫です!

ジョイントマットの捨て方として横浜市を例にあげました。すべての市区町村がこの捨て方で当てはまるわけではないので、気をつけてくださいね。

  

  

ジョイントマットの捨て方はリサイクルもあり!

ジョイントマットの捨て方ではリサイクルという手もあります。

綺麗に使っていて、汚れもほとんどないという場合はぜひリサイクルしましょう!リサイクルの方法は4つあります。

リサイクルの4つの方法
  • フリーマーケットに出品
  • インターネットのフリマや掲示板を活用して販売する
  • 知人に譲る
  • 緩衝材として活用する

では、ジョイントマットの捨て方のリサイクルの方法を詳しくお伝えしていきますね♪ 

 

フリーマーケットに出品

自分の住んでいるところの近くで、フリーマーケットの会場が近いのであれば出してみるのもいいと思います。

自治体でやっているフリーマーケット、もしくはフリーマーケットのような形で無料で譲渡できるようにしている所もあります。

(無料で譲渡できるのは、大型生活用品いわゆる粗大ゴミにあたるものをメインにしているようです)

いずれも、自分の住んでいることろの自治体に確認してくださいね!

 

インターネットのフリマや掲示板を活用して販売する

上に書いてあるフリーマーケットのネット版なので、多くの人に商品を見てもらえます。

インターネットのフリマの利用者は増えていますし、状態が良いとすぐ売れます。

フリマの競争率は高いですから、もし売れればちょっとしたお小遣いになるかもしれませんね♪

特にベビー用品、子供用品は多く出品されているので、店頭で買うよりフリマで…!と考えている人がいると思います。現に私がそうです(笑)

また、ジモティーという掲示板では、地元の人と繋がれるので、商品を直接受け渡しができるので配送料がかかりません。

 

知人に譲る

親戚やママ友など、子どもがいるお宅に聞いてみるといいですね。

お店などで買う前にジョイントマットを試してみたいと思う人は、結構いると思います!

ジョイントマットを店頭、ネットで新品で買うと3000~5000円ぐらいかかりますし、部屋に敷く範囲や品質の良さを求めると値段がどんどん上がります…!

買う前に試せるのは嬉しいので、喜ばれるんじゃないでしょうか?

 

緩衝材として活用する

ジョイントマットはクッション性が高いので、荷物を送る時や引っ越し時の緩衝材代わりになります。

しかも、他の緩衝材よりもしっかりとした物ですので、簡単に破けたりしなくて安心です!

子どもの怪我防止にテーブルや棚の角に切って貼り付けるのもいいですね。勢いよくガン!!とぶつかることありますから…本当に怖いです!

ジョイントマットの捨て方でリサイクルというのは良い方法と思いませんか?

地球環境にもいいですし、必要としている人の役にも立てるので嬉しいですよね♪

ジョイントマットが、きれいな状態で捨てるのがもったいないと考えているあなた、ぜひ活用してみてくださいね。

 

 

ジョイントマットの捨て方はプラスチックにならないの?

確かジョイントマットの素材って、プラスチックじゃなかったかな?

ジョイントマットの素材はEVA樹脂、ポリエチレンというプラスチックに分類されるもので出来ています。

となると…ジョイントマットの捨て方はプラスチック扱いなの?と心配になりますが、ジョイントマトは燃やしても大丈夫なんです。

その理由は、今現在の焼却炉は性能が良くなり、EVA樹脂を燃やしても排気ガスや有害物質の排出を少なくして処理できるようになったからです。

昔は焼却炉の性能が悪く、プラスチック製品を燃やすと有害物質を大量に発生させていたため、プラスチックは燃えないゴミとして埋め立てられていました。

だんだん埋め立てるのも限界になり、焼却炉の性能を良くし、現在はプラスチックマークのついたプラゴミ以外は燃えるゴミとして処理できるようになりました。

そのためジョイントマットの捨て方はプラスチックではなく、燃えるゴミとして扱われています。

自治体によっては、ジョイントマットの捨て方はプラスチックと分別されている所もあるかもしれないので、確認してみてください。

 

 

まとめ

  • ジョイントマットの捨て方は粗大ゴミか燃えるゴミに分けられる
  • 粗大ゴミか燃えるゴミかの区別は、サイズによって違うため自治体に確認をする
  • 横浜市を例に挙げると、一番長い辺が50cm以上なら粗大ゴミ、50cm以下なら燃えるゴミとして捨てられる
  • 横浜市でジョイントマットを粗大ゴミとして捨てるなら、カーペットとして500円の手数料が発生する
  • ジョイントマットがカッターで切れるのであれば、切って燃えるゴミとして捨てるほうが手数料がかからない
  • ジョイントマットをリサイクルするができる
  • フリーマーケットに出品、インターネットのフリマで販売、知人に譲る、緩衝材として活用するの4つの方法がある
  • ジョイントマットの捨て方はプラスチックに分類されない
  • 今現在の焼却炉の性能が昔よりも改良され、排気ガスや有外物質の排出を少なくして処理できるようになった
  • 焼却炉の性能が良くなったので、プラスチックマークのついたプラゴミ以外は燃やせるようになりジョイントマットは燃やせるゴミになった

ジョイントマットの捨て方は、大きく分けて粗大ゴミか燃えるゴミですが、状態次第ではリサイクルするのも考えてみるのもいいですね!

地球温暖化が年々悪化しているので、少しでもゴミとして出さずに再利用することで、地球温暖化防止になるかなと思います。

でも、リサイクルするにも状態が悪いからゴミに出すのであれば、自治体によって捨て方のルールが違うので、必ず確認してくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる