クレヨンの箱はボロボロでも復元できる!家にある物だけで綺麗になる

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

クレヨンの箱がボロボロでも、家にある物だけで復元できるので、諦めないでください!

ティッシュにオイルを染み込ませて拭くだけで、見違えるほど綺麗になります。

子どもが描いた作品は、のびのびと感性が溢れていて、心動かされるものがありますよね。

ふと、クレヨンの箱に目を移すと、こちらも違った意味で心動かされます(笑)。

学期末に幼稚園や学校で使っているクレヨンを持ち帰ってきたら、ボロボロで驚いたことはありませんか?

あるわ!箱はボロボロだけど、捨てるにはもったいないのよね。

そんなときは、綺麗にする方法で復元させましょう!

箱のお手入れと同時に、クレヨン自体もピカピカにすれば、さらに気持ちよく使えますよ。

この記事では、リメイクや代用するアイディアもご紹介します。親子で物を大事にすることに目を向けてみませんか。

家で楽しむクレヨンは、いつもと少し違ったものを使ってみませんか?クレヨンなのに透明なので、下絵が透けて見えるという不思議な感覚が味わえます。描き心地も抜群です!

目次

クレヨンの箱がボロボロなら綺麗にする方法がおすすめ

クレヨンの箱がボロボロだから、もう買い替えかな…。

待って!ぼくはまだ使えるよ!

家にあるオイルをティッシュに染み込ませて拭くだけで、箱が綺麗になります。

箱がボロボロでも、中のクレヨンはまだまだ使える状態で、色によっては新品同様なんてことも。

買い替えを考えたときは、まず一度、綺麗にする方法を試してみてください。

お子さんが物を大切にすることに気付く機会にもなりますよ。

それでは、実際に箱を綺麗にする手順をご紹介しましょう。

クレヨンの箱を綺麗にする方法!必要な物は3つだけ

綺麗にする方法は拭くだけなので、とても簡単です!しかも、家にある物だけでできるのです。クレヨンの箱がまるで新品のようになりますよ。

準備する物
  • ティッシュペーパー
  • オイル(サラダ油、オリーブオイル、メイク落としなど何でもオッケー)
  • 綿棒
クレヨンの箱を綺麗にする手順
  1. 箱からクレヨンをすべて取り出す
  2. ティッシュにオイルを染み込ませ、クレヨンの入っていたトレーを拭く
  3. 細かい部分が気になる場合は、綿棒も使う

たったこれだけで、見違えるように綺麗になります!実際にやってみた写真がこちらです。

正直、期待以上でした!やり始めたら止まらなくなって、綿棒も使って細かい部分まで磨いてしまったほどです。

ぼくたちのお部屋を綺麗にしてくれてどうもありがとう!

これだけハッキリと効果がわかるなら、やる気にもなるわ!

箱が綺麗になると、次は、クレヨン本体の汚れが気になるものです。

続いて、クレヨン本体を綺麗にする方法をご紹介します。ぜひ、一緒にやってみてください。

本体を綺麗にするにはウェットティッシュがあればいい

クレヨン本体を綺麗にする方法は、さらに簡単です!準備するものはウェットティッシュだけです。

クレヨンをウェットティッシュで拭くだけで、付着していた他の色が取れてピカピカになります。

まるで新品のように、クレヨン本来の色が取り戻せます。

拭くだけでこんなに綺麗になるのに、なんで今までやらなかったのだろう、というのが私の感想です。

とにかく簡単で、ご覧の通り、効果絶大です!ウェットティッシュがない場合は、キッチンペーパーを湿らせて拭いてもいいですよ。

このときに、同時に巻紙も変えれば、さらに綺麗なクレヨンになり、愛着も湧きますよ。

クレヨンの巻紙を替える方法!材料2つでお色直し!

巻紙を変えるときに必要な材料は、折り紙とのりだけです!

クレヨンに付いている巻紙が、中途半端に破れていたり、すべて剥がれていたりしませんか?

このままでは、見た目も、描き心地もよくありません。箱を綺麗にするついでに、巻紙も替えてみましょう!

統一感がでて、ボロボロだったクレヨンが華やかになりますよ。

準備する物
  • 折り紙
  • のり
  • ハサミ
クレヨンの巻紙を替える手順
  1. 付いている巻紙を剥がす
  2. 好きな折り紙をクレヨンの長さに合わせて切る
  3. (2)をクレヨンにクルっと巻き付け、のりで留める

使う折り紙によって、雰囲気ががらりと変わります。まさにクレヨンのお色直しといった感じです。

綺麗に着替えさせてくれてありがとう!

ほら、クレヨンの表情が明るくなったように見えませんか?

私は、今まで捨てられずにいた可愛いご祝儀袋を、巻紙として使いました。

折り紙以外にも、家にある包装紙も使えますね。世界に一つだけの、オリジナルクレヨンの完成です!

箱がボロボロだからといって、捨ててしまわなくてよかったと思えるはずです。

小さくて使いにくいクレヨンはリメイクして楽しむ!

クレヨンが小さくなってこれ以上使えない、となったときにも、まだ活用方法があります!

小さくて描きにくくなってしまったときは、マーブルクレヨンにリメイクすることができます。

物を大事にするだけでなく、お絵かきの幅が広がるのでおもしろいですよ!

準備する物
  • 小さくなったクレヨン
  • 電子レンジで使用できるカップ
  • カッターナイフ
  • 爪楊枝
マーブルクレヨンの作り方
STEP
小さくなったクレヨンを5ミリ角程度に細かくする
STEP
電子レンジで使えるカップに細かくしたクレヨンを入れる
STEP
電子レンジの500Wで3分加熱する
STEP
クレヨンが溶けたら、爪楊枝で軽く混ぜる
STEP
冷まして固まれば完成

実際に作ってみたところ、我が家の電子レンジの場合、思ったより溶けにくく、加熱時間を追加する必要がありました。

出来上がったマーブルクレヨンは、単色では出せない色合いと、描く角度により様々な色が楽しめて、芸術家になった気分になりましたよ!

今回、小さいクレヨンが少なくて、薄っぺらな出来上がりになってしまいました。

ある程度、クレヨンの量がある方が、描きやすいのでおすすめです。

使うクレヨンや電子レンジによって溶け方が違うので、加熱時間を微調整して作ってみてくださいね。

また、加熱した直後は熱いので、大人が扱うようにしてください。

必ず、電子レンジで使えるカップを使いましょう!アルミのカップは使わないでください!

クレヨンの箱にゴムが欲しい!早く安くできる方法!

箱にゴムが欲しい時は、家にあるゴムで簡単に取り付けることができます。

作る時間がない場合は100均へ走るのも一つの方法です。

クレヨンの箱にゴムがないと、中身がバラバラに飛び出てしまいます。落ちて折れてしまう原因にもなります。

もともとゴムがあったのに切れてしまった、新しく付けたい、そんな時は即実行しましょう。

家にある物で手作りしてゴムを付ける

手作りと言っても、穴を開けて通すだけなので、すぐにできます。

完成のイメージは、上の写真のように、下の箱からゴムを伸ばして蓋に引っ掛けるというものです。

準備する物
  • ゴム
  • キリまたはハサミ
手作りで箱にゴムを付ける手順
STEP
クレヨンが入っている方の箱に、キリやハサミで2か所、小さな穴を開ける

穴を開けるのは、箱の蓋ではなく、クレヨンが入っている下側の部分です!注意してください。

STEP
ゴムを箱のサイズに合わせて切る
STEP
切ったゴムを穴に通して、両端を結び、穴から抜けないようにする

私がやってみたところ、16色クレヨンの箱(横幅21cm)に対して、28cmのゴムが必要でした。

穴を開ける場所により必要な長さは変わりますので、作りながら調整してみてください。

一つポイントとしては、ゴムの端を駒結びにすることです。

端をテープなどで箱に固定してしまうと、開け閉めする時に自由がきかないため、不便になってしまいます。

クレヨンの箱と一体になっているので、ゴムがなくなる心配がなくていいわね!

お手軽に100均で購入する

作る時間がない、家にゴムがない、そんな時は100均に走りましょう!

100均でいろいろなゴムが販売されていますが、お弁当箱を留めるバンドがおすすめです。

お弁当箱に使う時と同じように、バンドをそのままクレヨンの箱に装着します。

ゴムの幅があるのでしっかり固定できるところがポイントです。

クレヨンの箱を代用するには?アイディアで便利に変身

箱がボロボロすぎて、綺麗にする方法でも対処できない…。

どうしてもクレヨンの箱を復元できない時は、別の入れ物で代用するか、手作りをしましょう。

手作りと言っても、私がご紹介するのでもちろん簡単です。手順は2つ、家にあるものだけでできますよ!

サイズが合う別の入れ物で代用する

ネットで検索しても、クレヨン専用の箱だけを見つけるのは難しいのが現状です。

そのため、サイズが合う別の入れ物を見つけるのがよいでしょう。

100均でプラスチックの入れ物や、紙のギフトボックスから好みに合ったものを選べば、素敵なクレヨンの箱になること間違いなしです。

さらに、選んだ入れ物に、梱包の時に使うクッション材を敷くと、持ち歩く際にクレヨンが折れにくくなるので安心です。

牛乳パックを切るだけのクレヨン立てを作る

手作りでできる代用品は、牛乳パックのクレヨン立てです。ペン立てのようなイメージで、クレヨンを立てて収納します。

家で使うには便利で、ちょっとおしゃれな雰囲気を味わえます。ただ、残念ながら、持ち歩くのには適していません。

準備する物
  • 牛乳パック
  • ハサミ
  • テープ
クレヨン立ての作り方
  1. クレヨンの本数と高さに合わせて、牛乳パックを切る
  2. 切れ目をテープで留めて箱にする

はい、たったこれだけです!こうして出来上がった箱に、クレヨンを立てて入れれば完成です。下の写真のような感じになります。

我が家の16色クレヨンは、縦7cm横6cm高さ4cmで綺麗に入りました。

私はカラーガムテープで縁取りを付けました。牛乳パックに綺麗な折り紙を貼ったり、絵を描いたりすれば、さらに素敵な入れ物になりますよ。

そこまですると、代用というレベルを超えている感じがしますね。

新しいお部屋、気に入ったよ!これからも大事に使ってね。

親子で作業をすれば、ボロボロだったクレヨンにどんどん愛着が湧いて、お子さんもますます大切に使ってくれることでしょう!

透明クレヨンは、美しい透明感のある発色で、重ね塗りによって様々な色を作り出すことができます。お子さんだけでなく、大人もはまるクレヨンです。

まとめ

  • ボロボロの箱を綺麗にする方法は、ティッシュや綿棒にオイルを染み込ませて拭くだけ
  • ウェットティッシュで拭くだけで、クレヨン本体の汚れが綺麗に落ちる
  • 巻紙を替えるには、好きな折り紙を巻いてのりで留めるだけ
  • 小さくなったクレヨンは、電子レンジで溶かしてリメイクできる
  • 箱にゴムが欲しい時は、穴を開けて通すだけで簡単に付けられる
  • ゴムを手作りで付けることが難しいときは、100均でお弁当用のバンドを購入すればよい
  • 箱がボロボロで復元できないときは、代用できる入れ物を購入するか、牛乳パックでクレヨン立てを作る

クレヨンの箱は、綺麗にお手入れすることや、手作りすることで復元できるので、すぐに買い替えなくても大丈夫です。

これで、箱がボロボロになっていても、「たくさん使ったね」とお子さんを温かく受け止めてあげられますね。

大事にたくさん使えば、きっとクレヨンも喜びますよ!

透明クレヨンでお絵かきの楽しみを広げてみませんか?こだわって研究開発された商品なので、なめらかに描けて、安心の原料から作られています。プレゼントにも喜ばれますよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる