習い事に行きたくない中学生の4つの悩みとは?親にできる対処法紹介!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

習い事に行きたくないと子どもから相談されたけど、中学生になったから頑張って続けてほしい…と思っている親御さんは多いのではないでしょうか。

習い事に行きたくない理由として、人間関係の悩み、習い事に苦手意識を持ってしまう、自分と周りの人を比較して落ち込む、学校生活と習い事の両立が難しいなどがあります。

思春期に入る中学生は、今までとは環境が大きく変わりストレスを感じやすく対応の仕方にも注意が必要です!

習い事に行きたくないと思うことは中学生だけに限らず、みんな一度は経験しているので「こんなことで悩んでしまうのはダメだ」と考えすぎないで下さいね♪

習い事に行きたくないという悩みを解決し、中学生という限られた青春を子どもが楽しめるようにサポートしましょう!

優しいハープや鳥の鳴き声、風に揺れる葉の音などの心地良い音楽が収録されているこのCDは、気持ちを落ち着かせたい人におすすめです!

このCDを聴いていると、イライラしていたり落ち込んでいてもゆったりと穏やかな気持ちになれるので、思春期に入り悩み事が増える中学生にピッタリだと思います。

購入前に収録されている7曲の視聴が可能なので、ぜひ聴いてみてください♪

楽天ブックス
¥1,778 (2022/10/27 00:58時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
目次

習い事に行きたくない理由は中学生になり悩みが複雑に

「習い事に行きたくない」と悩んでいる中学生は意外と多く、実際に子どもから相談された親御さんもいると思います。

思春期に入った中学生は今までとは違う学校生活や人間関係に悩み、その悩み事が習い事に行きたくない理由と関係していることが多いです。

習い事に行きたくない理由として4つを挙げてみました!

中学生が習い事へ行きたくないと思う理由
  • 習い事での人間関係がうまくいっていない
  • 習い事のレベルが上がり苦手意識を感じるようになった
  • 自分と周りの人たちを比較して落ち込んでしまう
  • 学校生活と習い事の両立が難しい

親としては「中学生になったから少しは我慢して習い事に通ってほしい…」と思うこともありますが、習い事に行くのは子どもなので子どもの気持ちを優先して考えていきましょう!

習い事での人間関係がうまくいっていない

一緒に習い事をしている友達、先輩後輩、先生やコーチなどの関係が良くなくて習い事に行きたくない場合があります。

習い事の人間関係の悩みとして以下のものが挙げられます。

  1. 喧嘩してしまった
  2. 先生やコーチの相性が悪い
  3. いじめられている

喧嘩をしたけど仲直りができそうなのであれば見守ることでいいと思いますが、相性が悪いことといじめに関しては素早い対応が必要です!

人間関係の悩みは習い事だけにとどまらず、学校生活にも関わってくるので早いうちに対応しなければ精神的なダメージが大きくなっていきます。

気づいたときには心が病んでしまっていたということにならないよう、子どもの些細な変化を感じ取れるようにしておきましょう。

習い事のレベルが上がり苦手意識を感じるようになった

中学生になると習い事のレベルが高くなり、ついていくのが難しいと苦手意識を感じるようになってしまうことがあります。

苦手意識が強いと習い事へのやる気がなくなってしまい、行くことが嫌になってしまいます。

一度苦手意識をもってしまうと克服するのにかなりエネルギーが必要なので、本人の気持ちが折れているのであれば、習い事を継続は難しいかもしれません。

習い事だけでなく中学校は勉強や部活動もあるので、習い事のレベルが上がっても続けていけるのか本人とよく話し合うことが大切ですね。

自分と周りの人たちを比較して落ち込んでしまう

中学生になると自分と周りの人たちと比べてしまい、劣等感を感じやすくなります。

自分と周りの人たちの成長の差が開けば開くほど「なんで自分はできないの」と自分自身を否定するようになり、悩んでしまいます。

ありのままの自分を受け入れて「他の人と違うのは当たり前」という意識を持てるようにするのが大事です。

思春期は心と体の成長過程なので、個人差があるのはしょうがないことですが、簡単に気持ちを切り替えられないのが現状です。

学校生活と習い事の両立が難しい

小学校のときとはガラッと生活が変わり、習い事との両立が難しいと感じてしまうことがあります。

勉強や部活動、その他の活動で忙しくなり戸惑う子が多く、習い事もやらなくてはいけないとなると疲れてしまいますよね。

今までとは違う環境になると人はストレスを感じて拒否反応がでます。

無理に全部こなそうとせずに、できる範囲で頑張るか諦めるかという取捨選択をすることが必要です!

習い事に行きたくないというのは理由があり、中学生になれば今までとは違う環境の悩みが多くなります。

思春期も入りメンタルが不安定になりやすく些細なことで悩み、心が病んでしまうこともあります。

サボりたいから「習い事に行きたくない」と言っているのでは?と思わず、中学生になり色々と大変だということを理解しておきましょう!

習い事へ行きたくないときの対処法3つ

中学生になると様々な変化で悩むことは理解したが、デリケートな時期にどう対処すればいいのか…と悩みますよね。

実際に子どもから「習い事に行きたくない」と相談されたら3つの対処法を試してみましょう!

習い事に行きたくないときの対処法
  • 習い事に行きたくない理由を本人の話せる範囲で聞く
  • とりあえず休ませて様子をみる
  • 習い事に行く条件や目標を決める

人それぞれ性格や考え方は違うので、この対処法を必ずやれば習い事に行きたくないという問題が解決するというわけではありません。

習い事へ行きたくない対処法3つのどれかをやってみて、この子にはなにか支援が必要なのか習い事はやめるべきなのかということを考えていく必要があります。

習い事に行きたくない理由を本人の話せる範囲で聞く

習い事に行きたくない理由や考えを聞くことで「ちゃんと話を聞いてくれる」と子どもが安心できますし、今後習い事への対応をどうするか考えられます。

悩んでいることを他の人に打ち明けるのは、かなり勇気がいりますよね。子どもだからという理由で軽い対応をすると、子どもは無意識に感じとってしまいます。

そのため、親は感情的にならず落ち着いて本人の話すペースに合わせて聞くようにしましょう。

感情的に質問攻めをするような聞き方は、本人が話したくないと思い心を閉ざしてしまう可能性が出てくるので絶対にしないでくださいね!

習い事に行きたくない理由を話すことで気持ちがスッキリしてまた通えるようになる場合もあるので、本人が話せる範囲で理由を聞いてみましょう。

とりあえず休ませて様子を見る

習い事に行きたくない理由を話してくれないときや習い事への拒否が強いときは、とりあえず休ませて様子をみましょう。

言いたいことが整理できていなかったり言いづらい内容であったりすると、すぐに話すことはできないです。

一旦休むことで気持ちが落ち着いて冷静に理由を話せるようになることができます。

ただし、サボりたいだけで理由を話さないこともあるので見極めることが大事です!

習い事に行く条件や小さな目標を決める

習い事に行くときの条件や小さな目標を決めて達成ができると自信がついていき、習い事に行きたくないという気持ちを克服できるようになります。

条件や小さな目標を立てることで、また習い事に通えそうと本人も納得した上で一緒に考えることが大事です。

例えば「ピアノの基礎練習10分は集中してがんばる」「今日外野に飛んできた球はダッシュで取りに行く」など本当に些細なことでOKです。

自分はなんで周りの人たちのようにうまくできないのだろう…と自分の悪い部分しか見ていないと、実際はできていることに気づけていないことがあります。

そのような状況のときに、小さなことでも自分を褒めてあげることで気持ちが前向きになり、習い事への拒否反応がなくなっていきます!

この条件や目標にお菓子やゲームなどの「物」を設定してしまうと「物が欲しいから習い事に行く」ということになりかねないので、あまりおすすめはしません…。

ただし、サプライズとしてお菓子やゲームをプレゼントというのであれば、モチベーションアップにつながるので適度にするといいでしょう!

習い事へ行きたくないときの対処法は共通して、子どもの様子を見て臨機応変に対応することが重要になってきます。

習い事に行くのは親ではなく子どもなので、本人の気持ちや悩みを理解してから対処していきましょう♪

このCDは「かけ流していても邪魔に感じない音楽」「気持ちよく眠れる」と多くの高評価を得ています。

習い事に行く前に車で少し聴いたりするだけでも、いい気分転換になると思いますよ!

楽天ブックス
¥1,778 (2022/10/27 01:21時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

習い事に行きたくないと言われたときの親のNG行動

子どもが「習い事に行きたくない」と相談してきたときに親のNG行動は、共感せず親の考えを押し付けてしまうことです。

「なんで急に習い事行きたくないって言うの!」「月謝がもったいない」「サボりたいだけじゃないの」などを咄嗟に言ってしまうと、子どもは悩んでいたことを打ち明けたのに否定されたと感じます。

否定されたショックで、子どもは心を閉ざしてしまい何も話してくれなくなってしまうかもしれません!

そうならないためにも、子どもの不安や悩みに共感して話を聞き一緒に考えることが大事です。

「お母さん(お父さん)も色々と悩んだことがあったから気持ちがわかるよ。辛いのによく話してくれたね」など声をかけてあげると、子どもは安心して話すことができます。

習い事に行きたくないと親に伝えることは、子どもにとってかなり勇気がいります。(実際に私がそうでした!)

その勇気や不安を受け止めて親子一緒に考えることで、子どもは習い事に対して嫌だった気持ちが頑張ってみようと変化するかもしれません♪

子どもが習い事に行きたくないと伝えたときの親の行動次第で、子どもの気持ちは大きく変わることを忘れないで下さい!

まとめ

  • 習い事に行きたくない理由として、中学生になると環境の変化や周りとの違いを実感するようになり様々な悩みが増えることが関係している
  • 習い事に関する悩みとして人間関係、自分と他人を比較して落ち込む、学校生活と習い事の両立の難しさ、習い事のレベルが上がり苦手意識を感じるという4つの悩みが挙げられる
  • 子どもが習い事に行きたくないという場合の対処法は、習い事に行きたくない理由を聞く、とりあえず休ませて様子を見る、習い事に行く条件や小さな目標を決めるという3つがある
  • 子どもから相談されたときに、親は否定的な考えを一方的に伝えるのではなく「共感して一緒に考える」ということが大切

「習い事に行きたくない」と思うことは悪いことではなく、中学生になると今までとは違う忙しさ(勉強や部活動、人間関係)があるので、習い事も同時にこなすのが難しくなります。

子どもだけではなく、親子で一緒に悩みを乗り越えるという意識が重要になってきますね!

習い事に行きたくないという気持ちが少しでも楽になれば、中学生としての時間を楽しめるようになるのではないでしょうか?

今はスマホで簡単に音楽を聴けるようになりましたが、音楽を聴いている最中に通知音など聞こえると集中が途切れてしまいますよね。

そのような時に、スマホの電源をオフにしCDでヒーリングの音楽を聴くことで、リラックスすることだけに集中できるようになります!

イライラして落ち着かない、悩み事があって眠れない…という人は、ぜひ聴いて癒されてほしいです♪

楽天ブックス
¥1,778 (2022/10/27 01:21時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる