冷蔵庫の展示品購入のデメリットは?買う前に確認すべき点も紹介!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

展示品の冷蔵庫は通常より価格が安くてお得!

しかし、買うのはまだ待ってください!傷や汚れ、扉のゴムパッキンの劣化など、展示品冷蔵庫ならではのデメリットがあるんです。

この記事では展示品冷蔵庫のデメリットについて詳しく紹介していきますね。

値段の安さだけにつられて、展示品冷蔵庫のデメリットを知らずに購入してしまうと、後悔する可能性がありますよ。

また、展示品冷蔵庫のメリットや購入するときに確認しておくべきポイントもまとめました。

この記事を読めば、展示品冷蔵庫の購入で失敗することはなくなりますよ。

展示品冷蔵庫の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

洗剤を使えない冷蔵庫のお掃除には激落ちくんのウェットシートがおすすめですよ。

皮脂汚れや油汚れを落として、冷蔵庫の外も中もピカピカに!

\楽天お買い物マラソン実施中!!/
楽天市場
目次

冷蔵庫の展示品のデメリット4つを紹介!

展示品の冷蔵庫は、通常の価格よりも安く買うことができるのが魅力ですよね。

しかし、傷や汚れなど、店頭に展示されているからこそのデメリットがあるんです。

展示品冷蔵庫のデメリットを知ることで、購入後のトラブルを防ぐことができますよ。

展示品冷蔵庫のデメリット4つをまとめましたので、参考にしてくださいね。

展示品冷蔵庫のデメリット
  • 不特定多数の人が触れている
  • 傷や汚れがついている
  • 扉のゴムパッキンの劣化
  • 取扱説明書や外箱がついていない

不特定多数の人が触れている

店頭に展示されているということは、不特定多数の人が冷蔵庫に触れていることを意味します。

冷蔵庫は実際に触れて扉の開き方や庫内の様子を確かめるので、他の家電よりも人が触れる回数が多いです。

購入後に販売店のほうできちんと冷蔵庫のクリーニングはしてくれますが、人によってはデメリットに感じるポイントでしょう。

ちなみに、販売店によってどの程度クリーニングをしてくれるのか違うので、気になる人は店員に確認しておきましょう。

傷や汚れがついている

不特定多数の人が触れるということは、それだけ傷や汚れがつきやすいということでもあります。

また、実際の使用イメージをつかみやすくするために、冷蔵庫のなかにペットボトルなどを並べて展示することもあるため、外側だけではなく庫内にも傷がついている可能性も。

購入前にどこにどんな傷や汚れがあるか、外側だけでなく庫内もよくチェックすることが大切です。

傷や汚れをよくチェックをしないで購入してしまうと、冷蔵庫を使うたびに「もっとよく見てから購入すればよかった」と後悔するかもしれません。

もし傷や汚れを発見した場合、妥協できるレベルの傷や汚れなのか、よく考えてから購入しましょう。

ここで1点、汚れに関しての注意があります。展示品の冷蔵庫には値段やスペックなどのチラシがテープで貼られています。

テープをはがした後に、テープ跡やべたつきが残ってしまう可能性があるかもしれません。

店頭ではがして確認することは難しいので、テープ跡やべたつきが残ってしまう可能性を考慮しながら購入を検討しましょう。

激落ちくんのウェットシートは、油汚れだけでなく、手垢や皮脂汚れもキレイに落としてくれるので、いつでも冷蔵庫をピカピカに保つことができます。

洗剤を使わずにこれ1枚でさっと拭けるので忙しいときにもオススメです。

\楽天お買い物マラソン実施中!!/
楽天市場

扉のゴムパッキンの劣化

展示品の冷蔵庫は、扉のゴムパッキンが新品に比べると劣化している可能性があります。

店頭に展示されている間にお客さんに触れられていますが、新品の冷蔵庫より大幅に劣化していて壊れやすいというわけではありません。

もし、どうしても不安という方は、購入前に店員さんにゴムパッキンに大きな傷や破損がないか確認してもらうといいでしょう。

取扱説明書や外箱がついていない

展示品の冷蔵庫には取扱説明書や外箱がついていないことがほとんどです。

しかし、最近はネット上で取扱説明書見ることができます。

また、搬送時にはしっかり梱包をしてくれるので外箱がなくても問題ありません。

紙の説明書がいい、外箱がどうしても欲しいという方以外には大きなデメリットにはならないでしょう。

デメリットに感じるかどうかは人それぞれ

展示品の冷蔵庫のデメリットを紹介してきましたが、デメリットによっては「自分は気にならない」と感じるものもあるかもしれません。

不特定多数が触れているけれどクリーニングをすればキレイになるから気にならない、このぐらいの大きさの傷なら大丈夫という方もいるでしょう。

どこまでなら妥協できるか自分自身で決めておくと、展示品冷蔵庫の購入で後悔しないですみますね。

冷蔵庫の展示品購入のメリット2つを紹介!

展示品の冷蔵庫はデメリットばかりではありません。

展示品の冷蔵庫は、安い価格で購入できる、通電していない未使用状態の冷蔵庫を購入できるという、2つのメリットがあります。

元の値段が高い冷蔵庫を少しでも安く未使用状態で購入できるのはとても助かりますよね。

ここでは展示品の冷蔵庫を購入することのメリットについて詳しく解説していきますね。

安い価格で購入できる

展示品の冷蔵庫を購入する最大のメリットは安い価格で購入できる点です。

発売店舗や製品によって値引き率は違ってきますが、場合によっては半額近い値段で購入できることもあるようです。

ちなみに、展示品はいつでも販売されているわけではありません。

冷蔵庫の展示品を購入するのに狙い目の時期はいつなのでしょうか?

新製品が発売される直前の8~9月が狙い目

冷蔵庫のモデルチェンジした新製品は毎年10~11月頃に発売されます。

新製品が発売される直前の8月~9月頃に、型落ちである展示品も販売されることが多いです。

型落ちといっても1年前に発売されたモデルなので、そこまで新製品と性能に大きな差はありません。

最新機種がいいというこだわりがなければ、安く購入できる展示品はかなりお得ですね。

通電していない未使用状態で展示されている

冷蔵庫は通電していない未使用状態で展示されていることがほとんどなので、製品機能の劣化はありません。

展示品であるという理由で未使用状態の冷蔵庫が安く購入できるのです。

ただし、展示品の冷蔵庫のなかには、デモモードといって庫内を照らす販売店向けの設定がされている場合があります。

これはあくまで庫内を照らすための機能なので、冷蔵庫の重要な機能である冷却機能には影響しません。

しかし、通電していたことには違いないので、通電していた場合は「どのくらいの期間通電していか」を店員に確認しましょう。

冷蔵庫の展示品購入の注意点2つを紹介

展示品冷蔵庫を購入するときに注意点として、冷蔵庫の設定がデモモードになっていないか、長期保証がついているのか、この2点があげられます。

傷や汚れはないし、通電もしていない未使用品だから購入しよう!

このように注意点を確認せずに購入するのは避けましょう。

いつまで経っても冷蔵庫が冷えない、長期保証がなく修理費用がかかってしまった、なんて困った事態になるかもしれません。

ここではそれぞれの注意点について詳しく説明していきますね。

展示品冷蔵庫を購入するときの注意点
  • 冷蔵庫の設定がデモモードになっていないか
  • 長期保証がついているか

冷蔵庫の設定がデモモードになっていないか

デモモードとは、店内展示用の設定で、冷却機能は作動させずに庫内のライトのみを点灯させます。

本来はこのデモモードは販売店で解除してくれるものですが、稀に設定されたまま納品されることがあります。

冷蔵庫を設置してから半日以上経っても庫内が冷えない場合はデモモードになっている可能性があります。

もしデモモードになっていた場合、メーカーごとに解除方法は異なるので、取扱説明書で確認をしましょう。

長期保証がついているかどうか

展示品の冷蔵庫を購入するときは、メーカー保証のみなのか、それとも長期保証がつくのかどうか確認しましょう。

  • メーカー保証 展示品冷蔵庫にもついている。冷蔵庫のような大型家電のメーカー保証は基本1年間。
  • 長期保証 無料でつく場合と有料の場合がある。なかには長期保証対象外の場合もある。

上記のように、ほとんどの展示品冷蔵庫にメーカー保証はついています。

ちなみのメーカー保証は、購入した日から1年間となります。

展示されていたからその分保証期間が短くなってしまうことはありませんので安心くださいね。

一方で、長期保証の有無や期間の長さは販売店によって異なってきます。

最初から無料の長期保証がついていることもあれば、有料で長期保証をつけることができる場合もあります。

販売店によっては、長期保証が対象外の場合もあります。

展示品冷蔵庫の扉に貼ってあるチラシに、メーカー保証や長期保証の有無が書いてあるのでしっかり確認しましょう。

長期保証対象外の場合、交渉が成立する可能性は低いですが、ダメもとで長期保証をつけることができないか店員に交渉してみてもいいでしょう。

まとめ

  • 展示品冷蔵庫のデメリットは、不特定多数が触れるため傷や汚れがついていること
  • タッチパネルや扉のゴムパッキンが劣化している可能性がある
  • 冷蔵庫の展示品は取り扱い説明書がついていないことがほとんど
  • 展示品冷蔵庫のデメリットは、人によってはデメリットにならないものもある
  • 展示品の冷蔵庫は、安い価格で通電していない未使用品を購入できるというメリットがある
  • 展示品冷蔵庫を購入するおすすめのタイミングは、新製品が発売される直前の8月~9月
  • 展示品の冷蔵庫を購入するときは、デモモードが解除されているか、長期保証がつくかどうかを確認すること

展示品冷蔵庫はほぼ新品の状態を通常価格よりもお得な価格で購入できることが魅力です。

しかし、お得に買えるといっても決して安い買い物ではありません。

展示品の冷蔵庫のメリット、デメリットをきちんと把握して、後悔のない買い物をしてくださいね。

冷蔵庫の汚れが気になったときにサッと取り出せて掃除ができるのがウェットシートのいいところ。

大判なので、冷蔵庫を拭いたらそのままコンロや電子レンジなどもお掃除できちゃいます!

\楽天お買い物マラソン実施中!!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる