洗濯物の洗剤残りは肌や服に影響あり!取り方とさせない方法をご紹介!

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

洗濯物って毎日のことだけど…実際洗剤残りすることってあるの?

もしあったらどんな影響があるんだろう…?

毎日の洗濯物について、ふとこんな疑問や不安を感じたことってありませんか?

実は洗濯の仕方や洗剤の選び方1つで、影響は最小限にできるんです!

私も初めての子の時は、大人が使っている洗剤で一緒に洗っても大丈夫?と、ふと不安に思ったことがあります。産まれたばかりの肌って弱そうですもんね。

健康な肌の人であれば影響はほとんどないようですが、やはり赤ちゃんや肌トラブルを抱えた人には配慮が必要です。

そこで今回は、洗濯物に洗剤残りした時の影響と取り方、させない方法について調べ、まとめました!

これを読めば、ご自身の洗濯方法を見直すきっかけとなり、洗剤残りを気にしないお洗濯ができるようになること間違いありません!

「洗剤残りさせないため」と聞くと、何度もすすぐ必要があったりして、時間がかかりそうなイメージですよね。

こちらの商品なら、液体洗剤なので溶けやすく残りにくい処方。すすぎ1回でも洗剤残りを気にする必要はありません。

楽天24
¥583 (2023/06/12 05:57時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
目次

洗濯物の洗剤残りは肌だけでなく服にも影響する

主婦

洗濯洗剤って強力なイメージ。その分お肌にも悪そう…

洗濯物の洗剤残りは、身体や肌だけでなく、服にも影響があると言われています。

どのような影響なのか、もう少し詳しくご説明しますね。

身体や肌への影響

洗剤残りによる肌への影響は、肌が健康な人にとってはそれほど大きくないようです。

洗濯洗剤には、大きく分けて合成界面活性剤と蛍光増白剤という2つの添加物が含まれています。

合成界面活性剤は非常に残りやすく、蛍光増白剤はあえて残すようにしないといけない成分になります。

どちらとも安全性は確認されており、洗濯で付着する成分も微量なため、適量であれば洗剤残りの影響も大きくないと言われています。

たとえ子どもがその洗濯物を口にしたとしても、大きな影響はないようです。

しかし、肌機能がまだ未熟な赤ちゃんや子供にとっては大問題となることもあります。

主な問題点
  • 肌荒れや湿疹などの肌トラブルを起こしやすくなる
  • 大人でも普段から肌トラブルにお悩みの方にとっては症状悪化の原因に
  • 肌トラブルのそもそもの原因が、それら添加物の洗剤残りである可能性も

合成界面活性剤の中で最も刺激が強いのが、洗剤ではなく柔軟剤に含まれる‟カチオン界面活性剤”と言われる成分です。

肌荒れを起こしやすい方は、洗濯物の洗剤残りより柔軟剤の残りが肌に触れることで影響が起きている可能性があります。

服への影響

主婦

洗剤残りがあっても、洗い直せば良さそうだけど、その分大事な服に影響があると嫌だなぁ…

そうですね…。服への影響としては気付かないうちに落ちにくい汚れになっていたり、着心地や肌触りが悪くなる可能性があります。

洗濯物の洗剤残りは、汚れをコーティングしたまま残っている状態とも言えます。

すなわち、より頑固な汚れになっているといえるので、実は落としにくい汚れなのです。

そうなると当然、着心地や肌触りにも影響が出てしまいます。

洗濯物の洗剤残りは服にも悪い影響を与えてしまうので、使用量は必ず守るようにしましょう。

洗濯物の洗剤残りの取り方3選

洗濯物の洗剤残りの取り方には、洋服ブラシや粘着テープで簡単に取れるものを始め、再洗濯が必要なもの、漬け置きが必要なもの、の3つがあります。

代表的な汚れの種類と取り方について、もう少し詳しく説明しますね。

白っぽい石鹸カスは洋服ブラシや粘着テープで取る

洗濯物の洗剤残りとして比較的よく見かける、黒い服を洗濯した後などに残っていたりする、白っぽいシミや汚れ、これらの正体は石鹸カスです。

洗剤成分が溶けきれず、水道水に含まれるカルシウムなどと結合してできたもので、残ったところがべたべたしたり、放置していると黄ばむこともあります。

主婦

洗剤残りの範囲も狭いし、この服すぐに着たいんだけど…

その場合、洋服ブラシを使って軽くこすり落としたり、粘着テープでペタペタ吸着除去する取り方があります。

ただ、服の種類や素材によっては傷つけてしまう可能性もあるので、注意しましょう。

べたべた汚れには再洗濯が効果的

洗剤残りの部分がべたべたしている場合、液体洗剤残りの可能性が高いです。洗剤・柔軟剤の入れすぎやすすぎ不足が原因として考えられます。

この場合、洗濯のやり方を見直し、もう一度洗濯する取り方が効果的です。

液体洗剤の洗剤残りであれば、ほとんどの場合洗剤カスである可能性が高いので、水で手洗い揉み洗いをすることで、比較的簡単に落とせます。

あとは洗剤の規定量を守り、洗濯物を詰め込みすぎないこと、すすぎ回数を増やしてみることも効果的と言えます。

放置による黄ばみ汚れは漬け置きで

主婦

お気に入りの白いブラウスにいつの間にか黄ばみが!どうして?

おそらく気付かないうちに洗濯物への洗剤残りが起きていて、そのシミ・汚れがそのままの状態で保管されることが続いたのでしょう。

この場合、酸素系漂白剤で1~2時間の漬け置きをしてみましょう。水温は40~60℃にすると最も効果的です。

その後は普通に洗濯するのですが、すすぎを十分にすることが重要となります。そして、完全に乾かしてからしまうようにしましょう。

洗濯物が洗剤残りする原因は量と水温やすすぎ回数

洗濯物が洗剤残りする原因は、洗剤側の問題も考えられますが、一番は洗濯物や洗剤の量、水温やすすぎ回数など、洗濯方法にあります。

その他、洗濯機性能の良し悪しも関係してくるかも知れませんが、以下のようなことが挙げられます。

洗濯方法に着目した原因
  • 洗濯機内に直接洗剤を入れる
  • 洗剤や柔軟剤の規定量が守られていない
  • 洗濯水の温度が低い
  • すすぎ回数が足りていない
  • 洗濯物を洗濯ネットに詰め込みすぎる
  • 定期的な洗濯槽の掃除ができていない

それぞれについて、もう少し詳しく説明していきますね。

洗濯機内に直接洗剤を入れる

直接洗濯物に洗剤がかかるように投入してしまうと、うまく溶けず固まりやすくなります。

液体洗剤であれば頻度は少ないかも知れませんが、粉洗剤の場合であればなおさらです。

そうして溶け残った洗剤の塊が洗濯物に付着し、洗剤残りの原因になってしまうのです。

洗剤や柔軟剤の規定量が守られていない

洗剤や柔軟剤は規定量以上を使用しても、効果が増大するわけではありません!

主婦

洗剤や柔軟剤って、多ければ多いほど奇麗になると思ってた!

それは大きな間違いです。洗濯機自体にも許容量がありますし、洗濯物とその水量に対して洗剤の量が多いと、洗剤残りの原因だけでなく、逆に汚れがこびりついてしまうことにもなります。

製品ごとに規定の洗剤量が決められているので、これらを確認して使用することが大事です。

同様に、柔軟剤も量を守らないと溶け残りが起こることがあります。それが白いカスや粉となって残る原因にもなります。

柔軟剤は洗剤と比べても液体タイプが多いので、粉末タイプの洗剤ほど溶け残りは起きにくいと言えますが、粘度の高いものには注意が必要です。

水に溶けづらかったり、投入口に残ってしまうこともあります。

また、多めに入れたからと言って、柔軟効果や静電気防止などの効果は増大しません。

香りだけが強くなる、ベタつくなど、白いカスや粉以外の弊害が起こる可能性もあります。

洗濯水の温度が低い

冷たい水より温かいお湯の方が洗剤も溶けやすいです。

食べ物などでもそうですが、比較的なんでも溶かしやすいのは水よりお湯のイメージですよね。

洗濯の場合、季節によっても水道水の温度が変わるため、洗剤の溶け具合も変わってきます。

寒い時期にはお風呂の残り湯を使うようにするなど、少し暖かい水を使うことで、洗剤が溶けやすい状態にできます。

逆に熱すぎるお湯は、洗濯機故障の原因になるのでやめましょう。

すすぎ回数が足りていない

すすぎ回数が十分でないと、洗剤残りの原因となります!

最近は洗濯時間短縮のため、「すすぎ1回でOK」と謳っている洗剤が多いですよね!逆にそうでない洗剤を見かけることの方が少ないような…。私もそんな洗剤を使っている一人です。

このような洗剤は、すすぎ1回でも洗剤残りが起きないような工夫や改良がされているので、基本的には1回で大丈夫そうです。

しかし、普段から肌トラブルを起こしやすい人や、洗剤残りが気になる場合は、回数を増やしたり、注水すすぎにしてみることをオススメします。

  • 注水すすぎとは、水を貯めた上で注水しながらすすぐことで、貯めすすぎより比較的しっかりすすぐことができます。

洗濯物を洗濯ネットに詰め込みすぎる

洗濯ネットに洗濯物を入れすぎると、効果的なすすぎができません。

洗濯物自体の量が多すぎることも問題ですが、1つの洗濯ネットにたくさんの洗濯物を詰めすぎると、ネット内の水の通りが悪くなります。

それによりすすぎが上手くいかず、洗剤残りの原因となるのです。

洗濯ネットに入れて洗濯をしたい場合、1つに詰め込むのではなく、複数に分けて洗濯するようにしましょう。

定期的な洗濯槽の掃除ができていない

洗濯槽の掃除をしていないと、洗剤や蓄積された汚れが、洗濯するたび洗濯物に付着する原因になります。

その汚れの中には、溶け残った洗剤とコーティングされた汚れも含まれるため、それらが白い汚れや粉となって、洗濯物の表面に付着している可能性もあります。

汚れが洗濯物に付着しないよう、洗濯槽はこまめに掃除することを心がけましょう。

洗濯物に洗剤残りさせないための方法

ここまで、洗濯物が洗剤残りする原因についてみてきました。

ここからは原因を知った上で、洗剤残りさせないための方法について紹介していきたいと思います。

基本的には原因となることの逆ですが、まとめると以下のようになります。

洗剤残りさせないための方法
  • 洗剤や柔軟剤の規定量を守る
  • 洗濯機の使い方を見直す
  • 定期的に洗濯槽を掃除する
  • 洗濯ネット内含め、洗濯物を入れすぎない
  • 洗剤残りしにくく影響が少ない洗剤を選ぶ

これらについても、1つ1つ詳しく説明していきます。

洗剤や柔軟剤の規定量を守る

洗剤や柔軟剤は、一般的に汚れの程度ではなく、洗濯量に応じた水の量で使用するべき量が決まっています。

なので洗剤の量を増やすのではなく、洗濯機に入れる前に、洗剤直付けの揉み洗いをしたり、予めつけ置き洗いをするなど、洗濯方法を変えてみましょう。

こうすることで、洗濯機での洗浄効率が上がり、洗剤量はそのままでもしっかり汚れを落とすことができます。

食べこぼしや泥汚れが特にひどい場合など、つい使用量を増やしたくなりますが、洗浄力が上がるわけではありません。むしろ、汚れが落ちにくくなる可能性があります。

すすぎの際、大量の洗剤を落としきることができないうえ、汚れをコーティングする形で付着していることになるため、結果的に汚れが落ち切っていない状態になるからです。

また、洗剤の漂白成分や蛍光剤の影響で、色落ちしやすくなるなど、服の劣化スピードを速めることにもつながります。

洗剤の量は、縦型洗濯機なら「洗い」に使う水の量で決まり、ドラム式洗濯機の場合は、衣類の重さでそれぞれ洗剤の量が決まってきます。

表示された水の量や衣類の重さに応じた洗剤の量使用するようにしましょう。各洗剤のパッケージに適切な量が記載されています。

適切な量を使うようにすることで、人や衣類だけでなく、環境にも優しいお洗濯ができることにつながります。

でも液体洗剤って、計るのが面倒だから、ついつい多めに入れすぎちゃうことってありませんか?

こちらの商品なら、片手でプッシュするだけで誰でも簡単、確実に計量出来るので、入れすぎてしまう心配もありません。汚れがひどい場合の直付け予洗いにも使えるので便利ですよ。

楽天24
¥583 (2023/06/11 17:58時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

洗濯機の使い方を見直す

洗濯機の使い方を見直してみることも、洗剤残りを防ぐ方法の一つです。

洗剤類の投入口を再確認したり、すすぎ回数の見直しをする、機種によっては節水モードがついているものもあるので、それらをやめてみるなど…

もう一度間違った使い方をしていないか確認することが、洗剤残りを防ぐ方法にも繋がるからです。

他にも、冬場などで水温が低すぎる場合には、水道水ではなくお風呂の残り湯を使うようにすることも、使い方見直しの一つと言えます。

ぬるま湯を使うことで、洗剤が溶けやすいのはもちろん、皮脂汚れも効率的に浮かせてくれます。

私の家では、節水の意味も込めて、基本的に夏でも冬でも、洗濯にはお風呂の残り湯を使うようにしています。

定期的に洗濯槽の掃除を行う

主婦

洗濯槽の掃除、定期的になんてしたことないわ…

そうですよね~。何を隠そう、このように書いている私も、実は全然定期的には出来ていません(笑)

でも、洗濯槽には洗濯物についた糸くずや汚れはもちろん、洗剤のカス、水垢などの蓄積宝庫なのです…。

主婦

そうは言っても、表からはいたってキレイに見えるし、掃除しても明らかに汚れてるような気がしないんだもの…

だからこそ余計に「掃除しなきゃ!」とはなりにくいんですよね~。

しかし放置しておくと、カビの発生原因になってしまい、身体に悪い影響が出てしまうこと必至…!

是非とも定期的に清掃してきれいに保っておくことも、洗剤残りさせない方法の一つです。

洗濯機・洗濯槽の清潔を保つ方法
  • 洗濯槽クリーニングの頻度は1~2ヶ月毎、少なくとも半年に1回できると理想的。
  • 市販の洗濯槽クリーナーを使うことで、洗濯カスやカビにしっかりアプローチしてくれる。
  • 洗濯槽クリーナーにはさまざまな種類があるので、どのくらい掃除していなかったかなど、汚れ具合や頻度で選ぶ。
  • 洗濯槽だけでなく、同時にくず取りネットや洗剤投入口も掃除する。
  • 普段から洗濯機の中に洗濯物を入れっぱなしにしない、洗濯機の蓋は開けておくようにする。

私もこれからは、定期的な清掃を習慣化していこうと思います!

洗濯ネット内を含め、洗濯物を入れすぎない

洗濯物をたくさん入れすぎないことは、洗剤残りを防ぐ方法になるだけでなく、効率的に洗濯してもらう上でも重要です。

1つの洗濯ネット内に詰め込みすぎるのも、すすぎが上手くできずに洗剤残りを助長する可能性があるのでNGです。

ネットを使いたいのであれば、複数のネットに分けて入れるとよいでしょう。

また洗濯物量の目安は、使っている洗濯機によっても異なるため、今一度取扱説明書を読んで確認しましょう。

一般的な目安としては以下のように言われています。こうすることで、洗浄力を落とすことなく洗濯ができると言われています。

洗濯1回あたりの目安量

ドラム式洗濯機の場合:ドアハンドルの辺りまで

縦型洗濯機の場合:洗濯槽の6~7割、一番上のバランスリングを超えない

  • どちらも洗濯物を入れて押さえこんでいない状態の見た目です。

私もこれを参考に、洗濯物量が多すぎてないか、毎回チェックするようにしようと思いました!

洗剤残りにしくく影響が少ない洗剤を選ぶ

いろんな対策を見てきたけど…やっぱり洗剤残りの影響は気になるわぁ。

そんな方は洗剤選びから見直してみることも一つの方法です。ポイントは、溶けやすさと配合成分です。

溶けやすさで選ぶ

溶けやすさという点で言えば、どうしても液体洗剤より粉末洗剤の方が溶けにくいイメージですよね。

粉末洗剤には固まりやすく残りやすいという特徴もあるため、溶けやすさで選ぶなら断然液体タイプやジェルボールタイプのものをオススメします。

しかし粉末洗剤だからと言って、すべてが洗剤残りの原因となるわけではありません。

粉末タイプの洗剤は、液体洗剤に比べて何より洗浄力が優れていることが一番のメリットと言えます。

粉末洗剤の中にも、各メーカーごとに溶けやすく使いやすいように改良されたものがあるので、代表的なメーカー、商品名とそれぞれの特徴を表にまとめました。

商品名特徴
ライオン「トップ」洗剤残りを低減するスプラッシュパウダー加工が採用されている。
P&G「ボールド」パウダースノー製法を採用し、溶けやすさだけでなく柔軟剤入りで香りにもこだわっている。
花王「アタック」溶けやすいマイクロ粒子粉末が採用されている。

配合成分から選ぶ

主婦

でも、やっぱり溶けやすいだけじゃ洗剤残りの影響って減らせないんじゃない?

そのように感じる場合は、天然成分や無添加の洗濯洗剤から選ぶことをオススメします。

特に子どもが着用する衣類や小さな赤ちゃんの下着、敏感肌などの肌トラブルを抱えている人の肌着などの洗濯には注意が必要です。

できるだけ刺激の強くない合成界面活性剤が使われているもの、無添加の洗剤を選ぶようにすることで、洗剤残りの影響を低減できます。

以下が代表的な商品と特徴になります。安心して使うことができますよ。

商品名特徴
さらさ 洗濯洗剤植物由来成分と天然酵素配合で、蛍光剤・漂白剤・着色料も無添加なのが安心。
ヤシノミ洗濯洗剤 濃縮タイプ蛍光増白剤・漂白剤・香料・着色料・抗菌剤無添加。繊維にも残りにくいので、少量でも汚れがしっかり落とせる。
アラウベビー 洗濯用せっけんタンパク汚れに強い無添加せっけん。アロエエキスも配合されていて手肌にも優しい。乳幼児安全性・皮膚刺激テスト済。

まとめ

  • 洗濯物の洗剤残りは、体や肌、服への影響があるが、洗濯の仕方や洗剤量を工夫すれば影響を最小限にできる
  • 洗濯物の洗剤残りは、肌が健康な人にとってはそこまで大きくないが、肌機能が未熟な赤ちゃんや、普段から肌トラブルを抱えている人にとっては、大問題となることがある
  • 気付かないうちに落ちにくい汚れになっていたり、着心地や肌触りが悪くなるなど、服への影響もある
  • 白っぽいシミや汚れの場合は洋服ブラシや粘着テープでも除去可能。べたべた汚れや黄ばみ汚れの場合は、再洗濯や漬け置き洗いで落とすことができる
  • 洗濯物の洗剤残りの原因としては、洗剤の直接投入、洗剤量が多すぎる、水の温度が低い、すすぎ回数が少ない、洗濯物の量が多すぎる、洗濯槽の掃除ができていないことが挙げられる
  • 洗濯物に洗剤残りさせない方法としては、洗剤や柔軟剤の量を守る、洗濯機の使い方を見直す、洗濯槽を定期的に掃除する、洗濯物を入れすぎない、溶けやすく影響が少ない洗剤を選ぶ、という方法がある

洗濯物に洗剤残りがあると、肌が弱い人や赤ちゃんには特に影響が大きいこと、衣類にも影響があるということが分かりました。

しかし、洗濯のやり方や洗剤の種類、洗剤量を守ることなどで影響は最小限に抑えることができます。

正しい洗濯方法を守ることで、洗剤残りが気にならないだけでなく、環境にも優しい洗濯ができそうですね。

計量も簡単!溶けやすく残りにくいだけでなく、環境にも配慮された洗剤を選んで、洗剤残りを気にしない洗濯ライフを送りましょう!

楽天24
¥583 (2023/06/12 05:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる