ポイ活はレシートでできるとヒルナンデスで紹介!おすすめのアプリは?

買い物をしたときのレシートをそのままゴミ箱に捨てていませんか?

それってすごくもったいないことをしているんです!

レシートを捨ててしまう前にポイ活で活用しませんか。

レシートを撮影し送付するだけで、簡単にポイントや現金が手に入ります。

お昼の人気番組ヒルナンデスで、レシートでポイ活ができるアプリが取り上げられました。

ヒルナンデスでどんなアプリが紹介されたか気になりますよね。

この記事では、ヒルナンデスで紹介されたCODEとONEのふたつのアプリについて紹介します。

また、レシートを利用したポイ活についての疑問点や注意点についてもまとめています。

あなたもさっそくレシートでポイ活を始めてみませんか?

目次

ポイ活のレシート活用法がヒルナンデスで紹介された!

日本テレビ系列の人気番組ヒルナンデスでポイ活について取り上げられました。

ヒルナンデスではレシートでポイ活ができるアプリとして、CODEとONEの2つが紹介されました。

2019年9月の放送でCODEが、2021年7月の放送でONEが紹介されています。

(2019年9月の放送時にレシーピというアプリも紹介されていましたが、2019年10月でレシート買取のサービスは終了しています。)

CODEとONEのどちらも2022年3月現在、300万ダウンロードされている大人気のアプリです。

それだけ多くの方が使っている大人気アプリなので、安心して使うことができますね。

レシートを使ったポイ活に興味がわいてきませんか?

ヒルナンデスで取り上げられたレシートのポイ活アプリCODEとONEについて紹介していきます!

ヒルナンデスで紹介されたアプリはCODEとONE!

ヒルナンデスで紹介されたポイ活アプリのCODEとONEの特徴について簡単にまとめました。

CODEの特徴
  • 300万ダウンロード突破(2022年3月現在)
  • 必要な作業はレシートと商品のバーコードの撮影だけ
  • 貯めたポイントの交換先が豊富
  • 家計簿機能がついている
ONEの特徴
  • ONEも300万ダウンロード突破(2022年3月現在)
  • ONEはレシートの撮影のみ(バーコードの撮影は不要)
  • どんなレシートも1~10円で買取をしてくれる
  • 貯めたお金はコンビニなどで使えるチケットと交換できる

どちらのアプリも複雑な操作は必要ないので、誰でも簡単にレシートでポイ活を始められます。

ポイ活とはどんなもの?

ここまでポイ活という言葉を使ってきましたが、そもそもポイ活とは何でしょう。

ポイ活という言葉を耳にしたことはあっても、どのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。ここでは、簡単にポイ活について紹介します。

ポイ活とは、ポイントを貯めてその貯めたポイントを使って毎日をお得に暮らすための活動のことです。

例えば、買い物をするときにクレジットカード支払いをしたり、ポイントカードを使ったりすることでポイントが貯まりますよね。

貯まったポイントは次の買い物のときに利用できるのでお得ですし、節約にもつながります。

レシートを利用したポイ活も、貯めたポイントをさまざまなサービスに交換できます。

じゃあ早速レシートでポイ活を始めよう!と思っても、どのアプリでポイ活をすればいいか迷いますよね。

ヒルナンデスで紹介されたポイ活アプリのCODEとONEの使い方やアプリの特徴について、もう少し詳しく紹介していきますね!

ポイ活のレシートアプリCODEについてご紹介!

ヒルナンデスでレシートを利用したポイ活のおすすめアプリとしてCODEが紹介されました。(2019年9月放送回)

CODEは2022年4月現在、300万ダウンロードされている人気ポイ活アプリです。

CODEの公式サイトには「レシートがお金にかわる」というキャッチコピーがつけられています。

ただ捨てるしかなかったレシートがお金にかわるなんてお得ですよね。

ポイ活ができるCODEとはどのようなアプリなのでしょうか?

レシートと商品のバーコードを撮影するだけ

いざポイ活をはじめようと思っても、手順が面倒だったら途中で挫折してしまいますよね。

CODEの使い方はとっても簡単で、必要な作業はレシートと商品のバーコードを撮影するだけです。

CODEの使い方
  1. ホーム画面の中央下にある「買い物登録」のボタンをタップ
  2. レシートを撮影
  3. バーコードを読み取る
  4. 「点数確認」をタップ
  5. 内容を確認後、登録ボタンをタップ

レシートと商品のバーコードを撮影する以外にも、購入した商品の評価やレビューをつけることでポイントがもらえます。

クエストとよばれる依頼をクリアすることでもポイントがもらえるので、ゲーム感覚で楽しみながらポイ活ができますね。

ポイントの交換先が豊富

CODEでもらえるポイントはTAMARUポイントとCODEコインの2つです。

・TAMARUポイントは提携先のサービスに交換できるポイント(1ポイント1円相当額)
・CODEコインはアプリ内の懸賞で使えるポイント

TAMARUポイントを交換できる提携サービス先が豊富なのが特徴です。

dPOINT、WAON、amazonギフト券など利用する機会が多いサービスのポイントと交換できるのがうれしいですね。

dPOINTやWAONは300ポイントから、amazonギフト券は500ポイントから交換可能です。

買い物の量やクエストをクリアした数によって獲得するポイントが違ってくるので、人によっては交換可能なポイントが貯まるまで時間がかかる場合があります。

ちりもつもれば山となるというように、気がついたらこんなにポイントがたまっていてお得!という感覚でポイ活をしてみるといいかもしれません。

スキャンした結果が自動で家計簿に!

毎日忘れずに家計簿をつけるのって面倒ですよね。

わたしは「毎日家計簿をつけるぞ!」と意気込んで数日で挫折した経験があります。

CODEでは登録されたレシートの情報がそのまま家計簿としてカレンダーとグラフに集計されます。

また、家賃や光熱費などレシートのない支出なども家計簿につけることができます。

面倒な家計簿も、お得なポイントがもらえるならば毎日頑張れそうですね。

ポイ活のレシート買取アプリONEについて紹介!

ヒルナンデスでは、2021年7月にもレシートを利用したポイ活について放送されました。

このとき紹介されていたおすすめのポイ活アプリが、レシート買取アプリONEです。

このONEというアプリ、2018年に「高校生起業家」の山内奏人さんが作ったものなんです。

レシート買取アプリのONEも2022年3月現在で300万ダウンロードされています。

それだけ多くの人がONEを利用してポイ活をしているなんてすごいですよね!

ここではONEの使い方や特徴について紹介します。

アプリの使い方はとっても簡単

ONEもCODEと同じように使い方はとっても簡単です。

ONEの使い方
  1. ホーム画面の「全種類のレシート」をタップ
  2. レシートを撮影
  3. 撮影後、画面下部にある紙飛行機のマークをタップ

ONEはバーコードをスキャンする必要がないので、よりスムーズにポイ活をしたい人におすすめです。

レシートを撮影し送付するだけで最大10円がもらえる

レシートを1枚を撮影し送付すると、ランダムで1~10円で買い取ってもらえます。

ONEではどんなレシートでも買い取ってくれるのが特徴です。

あなたのお財布に溜まっているレシートも、撮影するだけでお金に変えることができるんです!

ちなみに、レシートは1日5枚まで買取可能で、2か月以内のレシートであれば買取をしてくれます。

レシート以外にも、画像の撮影や特定の商品の購入とレビューなど、さまざまなミッションをクリアすることでお金がもらえます。

チケットの交換先が充実している

貯めたお金はそのまま出金するだけでなく、コンビニやチェーン店で使えるチケットと交換もできます。

2022年3月現在、チケットの交換先を一部紹介します。

・NewDays(ギフト券220円~550円分)
・ハーゲンダッツ(ギフト券968円~4840円分)
・すかいらーく(ご優待券500円分~5500円分)
・UberEats(ギフトカード550円分、1100円分)
・ムビチケ(前売り券ギフト1650円分、3300円分)

ONEでは種類豊富な交換先が用意されています。ここで紹介した交換先はほんの一部です。

貯めたお金をどのチケットに交換しようか考えながらポイ活をするのもいいですね。

ポイ活のレシート送付でなぜポイントがもらえるの?

レシートを利用したポイ活のアプリとして、CODEとONEを紹介しました。

レシートを撮影し送付するだけでポイントをもらえるなんてお得ですよね。

なぜレシートを送付するだけでポイントがもらえるのでしょうか。

本来不要なレシートがポイ活で利用できるのはありがたいけれど、なぜポイントがもらえるのか不思議に思いませんか。

ここでは、レシートを送付することでなぜポイントがもらえるのか、理由について解説します。

また、レシートでポイ活をするときの注意点についてもまとめたので、ポイ活を始める前にぜひ確認してみてください。

レシートの情報提供の対価としてポイントがもらえる

なぜレシートを撮影し送付することでポイントがもらえるのでしょうか。

レシートの情報を企業に提供することで、その対価としてポイントがもらえるのです。

・アプリの利用者はレシートの情報を提供することでポイントがもらえる
・企業はレシートの情報を分析し、商品開発や販売促進に役立てることができる

例えば、ある飲み物を買う人はどういった食べ物を一緒に買う傾向があるのか、実際のレシートのデータを得ることで分析をすることができますよね。

このように、送付されたレシートのデータは商品開発や販売促進などに役立っているのです。

レシートの使いまわしはダメ

家族や友人と1枚のレシートを使いまわせばさらにお得!!と思いつく人もいるかもしれません。

しかし、レシートの使いまわしはほとんどのアプリで禁止されています。

CODEの公式サイトによると以下の行為を利用規約に反する不正行為とみなしています。

  • ひとつのアカウント内で同じレシートを使いまわすこと
  • ひとりで複数アカウントを取得すること
  • 複数ユーザーで同じレシートを使いまわすこと

レシートの情報を提供する対価としてポイントやお金をもらえることを考えると、レシートの使いまわしがダメなのはわかりますよね。

もし不正が発覚した場合は、アカウント停止やポイント交換停止などの処置をとられることがあるので注意しましょう。

他のアプリと併用OKなアプリもある

ひとつのレシートを同一アプリ内で使いまわしすることは、ほとんどのポイ活のアプリで禁止されています。

一方で、ひとつのレシートを複数のアプリで撮影し送信することは、禁止されているアプリ出なければ基本的にOKとされています。

例えば、CODEで撮影したレシートをONEで撮影し送信するのは基本的にOKです。

複数のポイ活アプリを併用して、さらにお得にポイントを手に入れることができます。

ただし、アプリの併用を禁止しているところもあるので注意しましょう。

ポイ活のアプリを利用するときは利用規約をしっかり確認することが大切です。

まとめ

  • お昼の人気番組ヒルナンデスでポイ活について取り上げられた
  • ヒルナンデスでレシートを利用するポイ活を紹介
  • ヒルナンデスでCODEとONEというポイ活のアプリを紹介
  • CODEもONEもレシートを撮影し送付するとポイントが手に入る
  • レシートの情報を企業に提供する対価としてポイントをもらっている
  • レシートの使いまわしは禁止されており、違反すると強制退会などの厳しい処置もある
  • アプリの併用は禁止されていなければ基本的にOK

今回はレシートのポイ活アプリのCODEとONEについて紹介しました。

どちらも気軽にポイ活を始められるのが魅力ですね。

ポイ活ライフをスタートするときは、ぜひ参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる