トランポリンは何歳から?効果や注意点までご紹介していきます!

遊びにさせたりや運動をさせる為に子どもにトランポリンをやらせたいと思っているそこのあなた!

子どもにトランポリンをさせてみたいけど何歳からやらせていいのかな?危なくないかな?

こんな疑問はありませんか?確かに何も知らずにやらせるのは万が一の時怖いですよね…

こちらの記事では何歳からトランポリンをさせて良いのかという疑問にお答えします!

さらに何歳からトランポリンをやらせるとどんな効果が表れるのか、トランポリンをさせることに伴い注意することは?どんな選び方をしたら良い?

皆さんの不安に思うことまで詳しくご紹介しますので、安心してトランポリンを使えるようになりますよ♪

  

  

目次

トランポリンは何歳からOK?基本的には3歳から!

ではトランポリンを始めるにあたって得られる効果や具体的な注意点など紹介していきます!

トランポリンは何歳からと正式に決まっていません。

しかし家庭用としてお店で売られているトランポリンには基本的に対象年齢が3歳からと記載されています。

かわいいキャラクターの絵が描かれているトランポリンも同じくほとんどが3歳からです。

トランポリンの丸い狭い部分を飛び跳ねて遊ぶものでありバランスを崩して思わぬところを打ってしまう可能性もあります。

あまり小さすぎる子どもには推奨されていません。「何歳からと決まっていないならもっと早くからでもいいじゃん!」と思った人!ここからさらに重要です!

何歳からだろうと少しでも心配な気持ち、リスクがあるならば遊ぶときは万が一のために子どもだけにさせず姿が見える位置で見守りましょう!

トランポリンは何歳からが効果的?注意や選び方も!

トランポリンを始めるにあたってどのような効果がでるのか、何歳からどのような注意をするか、選び方もご紹介します!

トランポリンの効果を3つご紹介!

トランポリンをすることによって期待できる効果があります!

何歳から効果があるのかというと基本的に対象年齢でもある3歳から6歳にかけて幼い頃からやることで体幹、運動の感覚が育成されることはあります。

子どものうちから運動をすることによってその後成長した後の運動神経に関係してくるともされているからです。

トランポリンをさせることで期待できる効果がいくつかあります。

トランポリンの効果
  1. 筋肉がつく
  2. 体幹が鍛えられる
  3. 脳の発達に良い効果をもたらしてくれる

<1.筋肉がつく>

トランポリンを飛ぶには身体中の筋肉が必要なため全身の筋肉に刺激が与えられます。

中でも刺激がいくのは下半身です。飛ぶことで無意識に筋肉がつかわれます。ただし、他の運動と比べると筋肉にかかる刺激は少なめです。

しかし少なめということは長く運動ができるということでもあるのです。長く続けることで体力もついてきます。何歳から始めてもうれしい効果です!

<2.体幹が鍛えられる>

地面とは違いとても不安定な場所で飛ぶため、全身をつかう運動になります。

つまり飛ぶだけで体幹が鍛えられるということです!楽しく遊びながら鍛えられるなんて最高ですね!

<3.脳の発達に良い効果をもたらしてくれる>

脳の前頭前野(運動を司る脳の一部)や前庭に刺激が与えられます。与えられることでバランス感覚、動作の素早さや柔軟性が高められます。

ではなぜ脳にもそのような効果があるのでしょうか?

「ジャンプ、浮遊中、着地」それぞれの時に脳は無意識に転倒を防ごうと働いているからです。何歳から始めたら良いか迷っている時はこれらの効果を参考にするのもありです!

 

トランポリンは何歳から始め、何に注意をする?

トランポリンを始める際は何歳から何歳までと期間限定で注意するのではなく、幼いうちは基本的にあらゆる危険に注意が必要です!

特に子どもがトランポリンで気をつける点は以下のものがあげられます。

トランポリンをするときの注意点
  1. 揺さぶられ症候群に注意
  2. 使用する際2人以上はNG!
  3. 必ず大人が見守る

<1.揺さぶられ症候群に注意>

揺さぶられ症候群が起きやすい3歳以前での使用は控えましょう!

それは「揺さぶられ症候群」という存在です!

赤ちゃんなど乳幼児は激しく揺さぶられると脳が衝撃を受けてしまう場合があります。首の筋肉が未発達だからです。

強い揺さぶりは脳に衝撃を与え重大な障害を背負うことになったり最悪の場合は命を落としてしまうこともあります。

2歳頃まではこの揺さぶられ症候群のリスクもあるため3歳以下の子どもにはさせないことが賢明な判断です。

大人が赤ちゃんを抱きかかえて飛んだとしても動きと一緒に赤ちゃんも揺さぶられてしまうため「抱っこしていれば大丈夫!」とはいきません。

「他の子より身体が大きいからトランポリンをさせても大丈夫でしょ!」と思う人もいるかと思います。

それはあくまで「他の子より身体が大きい」ということで子ども自身の成長は続いています。適正年齢にいくまでは我慢しましょう!

<2.使用する際2人以上はNG!>

トランポリンはかならず1人ずつ飛びましょう!子どもが小さくて入るからといって2人で飛ばせてはいけません。

<3.必ず大人が見守る>

少し成長もして何歳からは大丈夫!ではなく子どもだけで遊ばせるのではなく、必ず近くで大人が見守りましょう。

逆に「何歳以下だけど見ていればOK!」「何歳からは大丈夫!」という考えもNGです。適正年齢は守りましょう。

誰しも事故はいつ起きてもおかしくありません。何歳から始めるにしても万が一のことを考えていきましょう!

トランポリンを買う時はどんな選び方をする?

いざトランポリンを買おう!と思ってもどんな選び方をしたらいいか分かりませんよね。

しかも様々な会社から出されていますしトランポリンの大きさも違います。

選び方の基本は何歳から始めるにしても「身体にあったもの」です。

トランポリンの選び方
  1. スプリング式とゴムバンド式から合うタイプを選ぶ
  2. 身体のサイズに合った大きさを選ぶ
  3. 耐荷重が適切であるか確認する

<1.スプリング式とゴムバンド式から合うタイプを選ぶ>

トランポリンは1つしか種類がないんじゃないの!?なんて思いますよね。私も以前までそう思っていましたが実は2つのタイプがあるのです!

スプリング式とゴムバンド式の2つのタイプにトランポリンは分かれています。

スプリング式は耐久性に優れています。また、バネを交換することで長く使用することができます!

トランポリンをピョンピョン飛び跳ねている時に壊れてしまうと思うと怖いですよね…。

そういった良いところもありますが跳ねた時の音が少し気になるかもしれません。

そしてもう1つのゴムバンド式。このタイプのトランポリンはゴムのため、ゴムが切れると交換が出来ず買い換えるしかありません。

しかし飛んだ時の音は静かな為、周りへの音に気にせず集中して取り組むことができます!こういった環境での選び方もありです!

<2.身体のサイズに合った大きさを選ぶ>

トランポリンにも様々な大きさがあります。

背丈の高い子が小さいトランポリンにすると飛べる丸の範囲が小さいです。

子どもの身長に合った大きさを選ぶことが安全に取り組むための方法の一つでもあります!

プラスアルファでみるといいのが畳んだときのサイズです。しまう時可能な限りコンパクトにしまえるととても便利ですしスッキリします。

<3.耐荷重が適切であるか確認する>

重さは何歳からはこのくらい、と年齢で決めるのではなく、トランポリンにも当然耐えられる重さが決まっています。

3歳ぐらいの子どもや子どもだけが使う場合は基本的に大きくても70㎏で充分でしょう。

また、何歳から使うかにもよって耐荷重の数字も変わってきます。さらにトランポリンの足の本数が多いと安定さも増します。

何歳からでも、自分の身体(体重)にあったトランポリンを選びましょう!

  

  

ダバダのトランポリンは何歳からokなのか?

何歳からOKかというと家庭用トランポリンは3歳からと表示されているものがほとんどです。

実はダバダのトランポリンは朝の有名番組でも紹介されている人気商品でもあります!

耐荷重110キロまで可、なんと小さい子どもだけでなく大人まで使用できます!

しかもダバダの良いところはカバーがついてくるものがあるところです!

使わない時はコンパクトに折り畳み、ついてくるカバーをかけて保管することも可能です!

ダバダのトランポリンは何歳からとは大まかに決まっていますが何歳からでも年齢制限なく大人まで使用できるというところが大きな魅力です!

子どもと一緒にトランポリンを楽しむことができます♪

  

  

コナミのトランポリンは何歳からokなのか?

こちらは通うトランポリン教室についてです。トランポリン教室は何歳からだろう?

そう思っている人におすすめがコナミです!コナミスポーツクラブはご存じでしょうか?

コナミは器具を使用したスポーツジムや水泳、などができるスポーツクラブです。じつはトランポリンを教えてもらうことも可能な場所なのです!

ではコナミでトランポリンは何歳からできるのか?こちらは6歳からとなっています。

細かく項目をチェックしてもらいながら上達を目指すことができます!テストに合格するとさらに上のコースにいける進級制度もあります!

何歳までか、上限は大体小学校6年生までです。

体験授業の予約は電話かwebで何歳か、日付はいつ希望か、時間は何時等伝えます。(何歳から可能かもまずは確認しましょう!)

体験の申し込みは現在もされているので気なった人はぜひ問い合わせてみてください!

  

  

まとめ

  • トランポリンは何歳からと決められてはいないが安全を最優先し早くても3歳から
  • 3歳以下は揺さぶられ症候群になる可能性がある
  • トランポリンは運動神経、体幹を鍛えることが可能
  • 身体にあったサイズのトランポリンを選ぶ
  • ダバダのトランポリンは何歳からとは大まかに制限されているが何歳までと決まっていなく子どもから大人まで使用することができる
  • コナミのトランポリンは6歳〜である

外にあまり出なく、運動不足が多いこのご時世でトランポリンは注目を集めています。家の中でも楽しく取り組むことはできますが、必ず注意が必要です。

3歳からだし大丈夫!と安心せず何歳になっても大人が見守っている時のみ使用するなどルールを作るなどすると良いかもしれません。

子どもだけが気を付けるのではなく、安全に楽しく子どもが健やかに成長できるように大人側の努力もしていきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる